スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「帰宅途中のご主人様を捕捉いたしました」(No.0402 ハウスメイドロイド )

蒸してる!
じめじめして死ぬ。


夏早く終われ、月曜担当WISPです。



今日は特に話題がなかったので、後攻執事について何となく。


『後攻執事とは』
2F2Cでチャージ2点を持つ、男ワーカーの中型ブレイク。
男性アイコンなので取られにくく、流行りの0チャを取りやすい。
構築には若干の工夫がいるものの、後攻の時に1F1Cになるアビリティのおかげで、あまり気にならない強さ。

当時使っていた、男性アイコンのデッキとしては、ベリアルカードあたりが遭遇率高めだったような。
後攻の時に強いカードが非常に多い(執事、レイ、黄金林檎 など)のがデッキの特徴として、かなり気に入っている部分でもあります。
安定して場を広げた後は、ベリアルにエッジデモンあたりで強引にフィニッシュするだけ。

他の色はちょっと記憶から抜けてますが、劣勢時に強いカードは当時から大好きだったなと思い出しました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。