スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あら、いいカ・ラ・ダ」(No.0577 レリクスアンドロイド )

GW終わっちまいました。
ふぁっきん。



月曜担当WISPです。

今日は先週に引き続き、不自然デッキについて


最終的な形としては、『効果を発揮している自然の回復力*2』とラダマンティス、ドロー+1が合計9体、場のパワーカードは5枚以上
の状態で残デッキを10枚にできればOK

最低限の状況(ハンド0、場のパワー5)から進めたと仮定して

・10ドローで残デッキを0枚にしてターン開始、直前の『自然の回復力』2枚で構築した10枚なので、所謂確定10連ガチャ。
・効果を発揮している『自然の回復力』を、2枚とも手札の『落花流水』2枚で捨て札する。
・1コスト払って手札の『自然の回復力』を使う。この時、『落花流水』『落花流水』『自然の回復力』『自然の回復力』『ピクシーリング』のレシピで戻しておくとうっかりミスがない。
・1コスト払って手札の『自然の回復力』を使う。次ターンに埋めるためのカードなので何でもいい。これで残デッキは10枚。
・3コストで手札の『ピクシーリング』を使って、相手のパワーを全部バウンスする。
・残った手札全部(5枚)を適当に場のキャラに埋めてターンエンド。

以下ループ、みたいな。
意外と成功率、高かった印象。

ラダマンティスとアシュタルテー、各種パワコンとカウンターのおかげで試合をぐだらせることには元から長けていて
捨て札にチャージで流れた必須パーツはデッキに戻せるし、ダメージに落下してもラダマンティスで拾えるので、アクセスも良好。
相手がファストで何かしてきて、こちらの残デッキが0枚の時に『切魔法』でカウンターしちゃうとドローアウトで死亡するのですけど、ラダマンティスがいるとそれもダメージドローで回避できるシナジーが綺麗で好みでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。