秘密のお茶会(2杯目)参加頂きありがとうございました

自分は普段通り、前日夜中にデッキ組んで寝坊し、余裕で遅刻しました←

アクエリは、じょなです


そんなこんなですが、午前の部はなんと8人も参加して頂けたので主催サイドからは人出さずに見学してました
それぞれが何をチョイスしてきたのか、後ろで見てて楽しかったです(*´ω`*)

最近アクエリは、やるより見てるほうが楽しいかもしれない……


午後の部は欠員が出たので枠貰って参加しました
使ったのは赤白清瀧権現

使ったことないし使ってみたかったんですよね、清瀧権現
可愛いし
今回ちょっとヴィヴィッと来たから採用

以下レシピ
【赤白清瀧権現】
◆切り札枠◆
3 マルチプル・キャラクター(今回清瀧権現を組みたくなった1枚)
2 龍貴婦人(BCBとサーチで相性激アツ。赤で組んだ理由)
◆Break◆
4 小龍姫“清瀧権現”(赤い方をパートナーに)
4 水龍姫“清瀧権現”(10点本体火力……になるといいよね)
3 “ィアーリス”(概ねブリュンヒルトを越える手段)
2 “ヴァールィン”(脳死チョイス枠)
4 双尾竜女
2 不竜女子高生
◆Permanent◆
2 縁結び守(困ったらサイズとバインドが何とかしてくれる、バインドたまに無くなるけど)
◆Project◆
4 大周天(枚数少なくサーチも効かない切り札を引くための枠)
◆character◆
4 新人ボイスアクトレス(素体、ファクター、2枚目の白キャラ呼ぶ)
3 ドキドキ少女(赤いデッキだし素体だし)
1 幼馴染み(赤いデッキって▼展開しにくいし、最悪素体)

4 龍娘(アイコン合うドロー)
4 架橋令嬢(アイコン合うドローその2)
4 キナコロカムイ(最悪の最悪黒ファクターが必要になる気がした)
4 人震(当初はここに娑羯羅が降る予定でした)
4 尼法師(支配しやすい)

2 カメレオンメイド(赤いデッキってry 最悪の最悪ry)


清瀧権現は本来、赤い方を構えて指定したカードを使わせないくらいのことしか出来なくて使いにくいな〜と思ってたんですが

マルチプル・キャラクターを付けてあげることで、緑(下に赤)+マルチプル・キャラクターの状態から相手のスペル使用宣言に対して

緑をブレイク(マルチプル効果でFTB)→
緑のエフェクトで緑バウンスorマルチプルのエフェクトで赤⇔緑入れ替え

と解決されれば

赤が構成する一番上になるので宣言されてるスペルを指定
→緑が(デュアルによってファクターを無視して)着地
→CIP発動で相手に10点ダメージ!

ってなるとカッコいいじゃない?

ってのを、マルチプル・キャラクターと赤い清瀧権現から閃いたのでした

残りの切り札どうしよ?ってなった時に、清瀧権現のアイコンに目が止まって龍貴婦人に

最初はネモノアで清瀧権現引っ張るつもりだったんですが、重ねる都合コストと補給が辛いので龍貴婦人に

重ねるしパートナーだし、龍貴婦人でコスト返してれば縁結び守代くらいは払えるよね理論で採用

あとは龍貴婦人でサーチ出来るし、ワントップキラーのブリュンヒルトを焼く用にィアーリス積もう
ワンパン通したら勝てそうなヴァールィン積もう

切り札等々へのアクセス手段が無さすぎて辛いから大周天欲しい

ドキドキ積むけど軽量は後々サーチになる可能性あるし必要よね、でアイコン噛み合う二種を、枚数はチャージ優先でチョイス

でダメージソースは決まりました

龍貴婦人を思い付くより前は娑羯羅と阿那婆達多辺りが候補でしたが、娑羯羅はともかく阿那婆達多はアタッカーとしては不安な感じだったのでやめました

発想は面白いけどカードチョイスが…って評されてしまったので、もう少しがんばろうと思いました(小学生並の感想)


対戦の方は3戦やって

①ポップスターひびきされて清瀧権現消滅から、縁結び守のファクター勘違いして貼れなくなった結果ひびきが止まらなくなって死亡

②ガダモン相手に殴ってもガダモン落ちなかった結果勝ち

③緑相手にピュアメモリー使用宣言にコンボ叩き込んだりして勝ち

といった感じ

清瀧権現で10点飛ばせたのでこのデッキ概ね満足した感じあります(*´ω`*)
次なに組もうかな?


【以下個人的な考え】
フィフストのマミエミ制限に関しては、今回はNASシステムを使わせて頂きましたが結果的には良かったんじゃないかと思っています

「パートナーにさえ置かなきゃ良いんじゃね?なんかやってること白っぽいし」って思いもあったんですが、「お茶会はどちらかというとカジュアル向けを目指した(つもりです)の会なので、極端に強いのがいると悪い言い方をすれば場が白けるのではないか?」という危惧が勝った感じでした

結果、色分布的にもいい感じに散ってたし、マミエミ無しでも白使いたい人は白使ってましたしね

そういう考えなので、例えば○○最強座とかなんとかウォーズとか、そういった勝敗に重きを置くイベントでなら制限は不必要かもしれないとも思います

僕もwisp氏と同じく、制限多いとデッキ組むモチベ下がるタイプの人間なのであんまり制限は入れない方向にしたがるってのが一つと
カードプール広いわりに試行回数足りてないから、正直制限入れる方も手探感があって明確に強すぎるし結果を出しているから禁止!みたいな事が出来ないよな~が二つ目の理由

長くなってしまいましたが、まぁどっちもやってみても良いんじゃない?くらいの気持ちです
やってみてやばかったらまた次は制限すればよいので


とりとめなくなってしまったので、このあたりで〆ます。お付き合いありがとうございました
エンドです!

コメントの投稿

非公開コメント

 
プロフィール

Author:担当
月曜日:WISP
火曜日:ハヴ
水曜日:くうふく
木曜日:mei.A
金曜日:てふG

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR