一気に秋らしい気候になってきましたね!
このくらいが一番過ごしやすい感あります。

月曜担当WISPです。



今日は先週に引き続き、強いカードのシナジーを中心に据えたデッキ第二弾。
小此木パワコンについてぐだぐだ語っていきます。



・主な構成カード

タナトスの器“小此木詩愛”
このデッキのキーカード。バインドとサイズがあるので出てしまえば場持ちがよく、エフェクトも優秀。
メインの使い方は、パワー0のキャラの分だけデッキ破壊をするアビリティ。

アシュタルテー
恒久的なパワコンがほしい時に。
小此木が出るまでの繋ぎや、出てからはパワー付きの手元ブレイクに対応して吹き飛ばせるようになる。
等価交換ならこちらが絶対有利。

レヴィヤタンの嫉妬
3F2Cの軽さで、全員から1枚ずつデッキバウンス

フェアリーリング
少し重たいが、1枚ずつ捨て札に置ける為、一気にデッキ破壊できる。
こちらのアビリティを割り切った、縦差し一点特化にも対応可能。

茨の枷
相手の動きを遅くしつつ、リソースを序盤からバリバリ削っていける。優秀。

エリスの黄金林檎
ネームを二人以上支配していると、全部もいだ上で勢力に飛ばせる。
フェアリーリングやアシュタルテーの関係上、ネームを複数並べて対処してくる人が多いので、弱点のカバーに美しい

ミューズの森
あまり採用されないけれど、対お散歩構築系なら出番はある

サイレンヴォイス
アシュタルテーよりもこちらのほうが取り回しは軽い。
小此木のエフェクトに対処するため、手元にブレイクを着地するプレイングを刈り取ることができる。
出てしまったネームを2ターン凍らせられるのも優秀。(その間に小此木が間に合えば落とせるし)



この辺でしょうか?
優秀なパワコンカードは、沢山積めばゲームメイクが望んだ通りの形になりやすいですが
デッキの中にパワコンカードが多すぎると、コントロールばかりでエンドカードがなく、いつまでも勝てません。
小此木なら、そのパワコンカード全てが一気にエンドカードに変貌するので、相手に満足にカードをプレイさせないまま敗北条件を満たさせるコンセプトですね。



それぞれのパワコンが、対応しているパワーカードが違うので、変則的ですが相互シナジーといえるでしょう。

今回はこの辺で!

コメントの投稿

非公開コメント

 
プロフィール

担当

Author:担当
月曜日:WISP
火曜日:ハヴ
水曜日:くうふく
木曜日:mei.A
金曜日:てふG

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR