スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凧忍者と私

まずはB-NAS4に参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!
火曜担当ハヴです。
僕も人数の関係で一日中遊ばせてもらったけど楽しかった!


さてさて、来月NASの告知。まだフワフワしてるけど。
開催日:10月2日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:スタイル等はまだ検討中(でもきっとフィフストリーム)ですがとりあえず10月はこの日取りです。


B-NAS終わったけどもNAS勢にはフィフストリーム好評っぽいので何か画期的な案が突然に生まれない限りはきっと。


ってことで今日の分の更新!
今日はB-NAS4のことについて!のつもりでしたが打ち上げで軽く話題に出たので凧忍者について語る。
2/1/3 ▼ キャパシティ-2 チャージ2
アスリート/マシン

はい、こんな感じの「絶神の戦車」の赤でキャラクターでアンコモンなカードですね。
確か一番使ったカードって何?みたいな話になりましてそこから僕がエクストリームで結果残したデッキで一番採用されてそうなカードってこれっぽいという話になったとか。
林龍蘭しかりリアライザーしかり。ってことで今回はそれらにおける凧忍者の役割について述べます。
●林龍蘭
アスリートからメインキャラである林さんの素体になれるだけでなく、マシンを持っているのでデッキの軸ともいえる宝船の素体にも。
特に宝船は赤では珍しいアイコンで構成されているのでこれの素体を忍者装束や看病娘で労することなくサーチできるのは非常に便利。また精神力が2あるのでパワーカードが刺さっているこのキャラクターの上に宝船をブレイク出来れば出したターンからドローいっぱいできていい感じ。この動きは他色ドローの上にブレイクした方がお得感出るけど。
●リアライザー
リアライザーがとにかく尖らせに尖らせたデッキゆえにたまーに補給を置き去りにして展開しないといけないことがあるのでそのときCIPで釣り上げられるチャージ2は重要。
同じ役割の車掌さんがいるけどあちらは「サーチが利くメイン色」ってことが強いのであって耐久1のキャラに補給を支え続けてもらえる展望あんまりわかないし、しかもワーカーを持ってるから出すと同時に横取りの恐怖に怯えないといけないという文章にしてみたら割と致命的な欠点が。
一方こちらは耐久が3もあるのでふつーに場に出しても割と安定した素体だし適当な除去では吹き飛ばない安心感も。まぁ前者で触れてるけどサーチ利かないけども。(僕は少なくともこのカードのためだけに忍者装束とかは入れないっす。
「出ることに安定感ある車掌さん」と「出すと安定感ある凧忍者」って感じですかね。


以上今週はこんなんで。
来週はさすがにB-NAS4のこと書きます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。