なんというか



気が抜けてますね。

今週修羅場ってて、すっかり遅れましたが、月曜担当WISPです。





今日は思い出のカードについて語るあれで。

今週の1枚は「小石川愛美」!
漢字にちょっと自信ない。



塔多段と呼ばれるサイクルの一つで、後攻からまくる逸材。

まず下段は全勢力共通で、相手のテリトリーにキャラクターがいて、こちらの支配エリアが更地ならばいきなりセット宣言できてしまうやつですね。
上段の能力はえげつなく、共通のバインド1・チャージ3に加えてイニシアチブを持っています。白だし。

セット時に捨て札置き場から5枚デッキバックするCIPの他、精神力分ダメージ置き場の上限を増加させる永続アビリティも所持。
序盤から終盤まで隙がないですね。


単純にスペックだけ見ると3F1C 6/5/5 バインド1/チャージ3/イニシアチブのアタッカーで、普通に考えればそれだけで脅威なのですが、全部の勢力にこのサイクルがいまして
何かサポートがないと、半ターン遅れで出された赤や緑の塔多段に抑え込まれてしまうのですね。


それでも、このカードが非常に高い使用率を誇ったのは、アンチェインスタイルでの安定感からでしょうか。
一般的に”愛美フュージョン”とか呼ばれるタイプで、デッキ内の社長や食卓によるサーチが多く、盤面を完成させるまでの速度が違う。
初手愛美下段スタート、食卓→社長→CIPサーチしてきた食卓→愛美上段+アクトレスあたり? の動きは素早かった。

序盤の速攻からエンドパターンまで、デッキ全体でひとつの目的を遂行する挙動が好きでした。
後発の弾で白にミコトや遊佐デバイスなどの対抗馬が出ても、最後までアンチェイン環境の最前線を駆け抜けた名カードと言えるでしょう。

今日はそんな感じで

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する