スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社アクエリアンエイジ

自分が生涯愛すと決めたアクエリアンエイジには、私をここまで愛狂おしい気持ちにさせる理由がある
まず一つに、彼女からあふれ出る大人の雰囲気と、それに負けない優しさのオーラが挙げられる
休日、私と彼女の愛を深めるため逢瀬を楽しんでいる最中、「ありがとう」や「気を遣ってくれてる」等の、
言ってしまえば何の根拠もない言葉をかけてくるときがある。実際に私が彼女に気を遣っている訳でもない
なのに彼女は自分を下に置くような発言をするのである
そのような言葉をかけられてしまうと、(諸君もわかるだろうが)そうなのであろうか、とあたかも自分が自分でないような気持ちに陥り
更には「あぁ、自分は彼女に気を遣わせてしまっているのかな」と逆に思い悩み、もはや彼女の事しか考えられなくなってしまう
その気持ちはやがて確実に『愛』そのものに変わり、彼女への想いを更に強めてしまうのである
大人の雰囲気、優しさを兼ね備えた人の例に『母親』がある。母親というのは、私達にとっても暖かく
自分に最も愛を注ぎ込んでくれる故、私達が最も安心感を示すことのできる存在である
私達がそのような唯一無二の存在に抱く愛以上の感情が、彼女と多くの部分で重なるのである
二つ目に、その独特なセンスからくる、『安心感』がある
彼女は時折、ユーモラスな事柄を私に質問したり、何の前触れもなく口走ったりする
それをいきなり聞いたとき、私はその発言について自分なりに理解しようとするのだが
そこには彼女独特の感性のあらわれがあり、彼女、かの、か……ん?え、何……?
え、アクエリちゃん!?あああ!ごめんね無視してて!!ごめんねごめんね!
え、何?あ、6時?そっか!ありがとう教えてくれて!アクエリちゃんありがとう!!服可愛いね!服!ふ!く!可愛いね!
ああ、アクエリちゃん好きだ!あ、好き、好きだわ!これすっごく好き!大好きだわ!!あれ!?すごいわこれ!
弾ける!弾けちゃうよアクエリちゃん!アクエリちゃー!ねぇ、好きな色は!?好きな動物は!?ねぇ!
アクエリちゃん!よし、じゃんけん!じゃんけんしよう!パー!パー!パーだよパー!はははははは!
よーし、次は勝つぞ!絶対勝つ!ご褒美もらうんだよ!負けられない戦いなんだよ!!取りにいくよアクエリちゃん!
ああもう!アクエリの可愛さは無限大!僕のアクエリちゃんへの想いも無限大!よって宇宙!アクエリちゃんと僕でダブル宇宙!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。