スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合わなかった・・・

ぽち。さんごめんなさい…。
&……WISP誕生日おめでと!(日付かわって水曜の出来事だけど)
火曜担当ハヴです。

今日は予定ではA3エクストプラスのレシピあげるつもりだったんですが仕事とかいろいろ忙しくて無事死亡しました。ぐぬぬ。
そんなんで香川で使ったエクストリームのデッキレシピ載せときます。


白単リアライザー

4 リアライザー“横井 蒔苗”(パートナー。ハヴでエクストリームと言えば。見た目以上に強コントロール。
2 天才プログラマー“横井 蒔苗”(サーチとかブレイブハートでどうとでもなるからここを最低限まで削って他に枠を回す。
2 タイムエクスプレス“ドラゴンライナー”(ほぼリアライザーの召喚獣だけど登場時6点は虚をつける。
4 メカィアーリス プログレッシブタイプ(CIP1点焼きでメインアタッカー。蒔苗で釣り上げる枠の中でも優先度高い。お散歩程度でキネシュを防いだつもりとは片腹痛い。
3 マシン・ドルフィン(マシン1F0Cドロー。最短距離でリアライザー出すのに必要だけど諸々の安定感でないので後述の転入生と枠を割る。
3 転入生(デッキで一番後ろ向き枠。マシン持ってないキャラはホントに入れたくないから導士とかのサイクルは入れない。あくまでここは危機回避用。
4 セーラー・スーツ(まぁキャラ。学園祭をとりあえず初手に持てたり大量の1積み引けたり改めてみてみると逸してるわー。
3 二学期デビュー(最序盤から使えるコントロール(?)カード。あとリアライザーのエフェクトと組み合わせるとコスト効率がいい除去に。正直ここは思考停止感強かったので一周回ってコスプレパーティでもよかったか。
2 ブレイブハート(マシン釣り上げ。ついでにデッキ捲るので蒔苗の召喚候補も増える。すごい。ブレイブカイザーよかリアライザーの方がうまくこのカード使える疑惑。
2 マインドアサシン(久しぶりにエクスやるのでカードプール把握不安だからあんまり入れたくなかったけどさすがに入れないっていう訳にはいかないくらい強い。一回でいいから大会中に「カード名称指定マジックアカデミー“スカイ・ライン”、指定プレイヤー私!」って言いたかった。さすがに冗談だけど。←
3 キネティックシュート(めがっさ強いけど対戦相手がだいたいこれ向いてキャラ決めてきてるし4枚はいらない判断。あとアサシンの枠を捻出したかった。

1 マジックアカデミー“スカイ・ライン”(リアライザーのびっくりどっきり召喚獣。他の支配キャラを強くしてる0/(5)/5チブブレイクスルーが走ってくる。リアライザーと並ぶとアイコンがエライことになる。←


4 学園祭メイド(転入生が入ってなかった頃から当然のように入ってた爆アドキャラ。
1 シェルターデザイナー(弱気枠。一応蒔苗素体。
1 車掌さん(パワーカードになるなりして捨て札置き場にまっすぐ向かうのが仕事。蒔苗に呼ばれるまで待っててね。
1 サイドカーロイド(取られにくく硬い▼枠。そんな出番ないけど入ってることが重要。
1 少女運転手(転入生入れたために入った感ある万能素体ドロー。そんな出番ry
2 収穫アンドロイド(ECBチャージマシンキャラ。競争相手が多いので2枚で十分。
3 地球防衛組(硬い万能素体。ホントそれだけしか書くことない。しかし十分。
4 スペースクリーナー(白キャラサーチ。車掌さんの関係でセーラー・スーツよりこっちを引ける方が4倍くらい嬉しい。
1 St.ヒルデ魔法学院初等科4年生“高町 ヴィヴィオ”(横取りの心配が一縷ほどしかない精神0チャージ。

3 凧忍者(どーせ他色ドローなんて事故したとき支配しないんだから蒔苗で釣り上げられる高耐久チャージ2を入れておく。おかげで今回の大会で死ぬほど困った場面があったんだけど。

2 おばけ屋敷バイト(他色ドローというよりは転入生の素体で耐久が1でない▼要員というのがデッキ的に正しい解釈。

1 竜の門番(マシンアイコン持ち0/2/2セプチャ。枠を争った動く石像は強敵だったけどアイコンバランスを言い訳に1枚は持ちこたえた。←
3 動く石像(グラビトンぐらいだとむしろ諦めつくけどロボット3原則で死ぬのだけはホントゴメンなんだよ!!!!!!!!!そんなんで黒スペル許しません。



い つ も の 。
軽く書くつもりが盛りだくさんになってしまった。ってくらい大好きなデッキです。
エクストリームって聞いて使うデッキの候補がここから始まるのが非常にアレ。
大体がCC2012決勝時と変わってませんがアサシン入れたりしてパートナー環境についていって(るフリをして)るつもりです。
マミエミとか入れてみるかとか考えたタイミングもありましたが諸々噛み合わなさ過ぎて笑ってしまったので大人しく諦めました。エフェクトは蒔苗と相性いいんだけども。

先週もちょろっと触れましたが今回はサプライズ枠(?)にスカイ・ラインを採用しました。単体同士ならロッソを安全に処理できる。←

まぁ絡め手の多いデッキなので正面突破力をプラスできてよかった感。
ドラゴンライナーと違って素出しが不可能なんで完全にリアライザー専用の採用になるしあればいいな程度だったので1枚固定でしたが。
あとプログレッシブが4/6(1)/5でシールドオフェンシブディフェンシブ振りかざすの超気持ちいい。←

以上そんなんで。
来週はNAS後の更新なので第三回B-NASについて色々書く。はず。
したらばー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。