スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWとか、、、

GWは引き込もってモンストやってました、てふGどす←
13号機の運極作り終わって、第10の運極目指してる程度にはガチ勢です。どうも。
ま、やってる人だけわかる話はこのくらいにして。


さてさて、GWのおかげで新カード情報も止まっているのでソコについては触れないスタンス。

ということで、久しぶりにプレイ時の考え方とか語ろうと思います。


皆さんは、やるだけやって盤面圧倒してるのに詰めきれずにドローアウト負け、なんて経験はあるでしょうか。

これはよく焼きを代表するコントロールデッキで見られるパターンですね。

当然、焼きは引けてもメインアタッカーを引けずにgdgdするとそうなるんですが、問題はそれだけではないかもしれません。

心当たりのある方、貴方の焼き方は大丈夫ですか?

まぁ、焼き方と言うと語弊があるかも。

とりあえず単純な話をしますと、

●パワー2のドローキャラをヴァルキリージャベリンで焼く。
このアクションは強いですね。すごく。
相手のドローを削ることで相手の以降の展開の抑制ないしキーカードを引く確率を下げる、良い手です。
お互いの消費カード枚数に注目すると、
焼く側はジャベリン+コストの計3枚
焼かれる側はキャラとパワーの計3枚。
同じ枚数のカードを使って、それでいて相手の補給を絶てているので、それだけで大きなアドが発生してます。
相手のメインファクターだったらなおのことですね。

●パワー2のドローキャラを死の刻印で焼いた。
これも前述の手と同じく、相手の動きを抑制できています。

ただ、消費カード枚数に注目すると、
死の刻印+コストの計4枚
ドローキャラ+パワー2の計3枚

ということで1枚多くのカードを使ってしまっています。
ですが、相手のキャラを焼けているので自分の方が盤面優位。
補給もあるので序盤なら気になることも無いでしょう。

そこまでは良いんです。
そこからどうこの1枚を取り返すかが問題。
これをほっといてただ焼き続けていくからデッキが無くなって終盤にカツカツになるのです。

まぁ、結論から行くと「焼いてばっかじゃなくてちゃんと殴れ」って話なんですが。

例えば某暖房なHNでお馴染みのあの方のアヴァロンデッキだと、お出かけガールが良い仕事してますね。
お出かけガールは支配して1ドローした時点でもう、アドが発生してます。
マジで。
あとアイツがアタックしたのに対してガードしたら、お出かけガール1枚に対してガードコスト1枚の1:1交換。
お出かけガールはメインファクターですらないから落ちても痛くないし、完全にテンポを奪ってます。
また、そのアタックを通したらタダでデッキを削らせているようなもの。
ということで、たった1枚と侮るなかれ、爆アド製造機なんですね。アレ。

若干話がずれましたが、要は焼きながら相手のデッキを効率よく削るのが大事ってことですね。

ピュリファイエンジェルとかも、なにも考えずに殴れる場面ならアタックコスト1枚で2枚以上えぐってくれる優良アタッカー。

まぁ、安易に殴りすぎても相手にキャラが湧いて捲られるので、バランスは難しいです。
でも、もしもコントロールは出来てるのに負けちゃった、なんて経験でお悩みの方は序盤から捨て札するカード枚数に目を向けてみてください。

今回焼きデッキってことで例をあげましたが、
何だったら他のタイプでも言えちゃうこと。
詰め場での苦い経験のある方はそういうとこを見直してみたら違う道が見えるかも。


ま、俺はこんな小難しい考え方とかせずにフィーリングでやってるけどな!!!

そんな感じで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。