CC2013企画最終回!

CC2013出場者のデッキレシピを晒していくこの便乗企画も、今日で最終回!
今回もWISPです。


今回の掲載は、鬼更木狐龍さん・ハヴさん・おとやんさん・カラさんです。

 
 

今日のトップバッターは中部のカリスマビルダー、鬼更木狐龍さんです!

どうも、中部ではイロモノ扱いの暖房屋こと鬼更木狐龍です。
まずはこんな素敵企画にお呼びいただき、ありがとうございます。

デッキ紹介ということなのでまずはNPデッキから。

4 お出かけガール
2 和服モデル
3 英国女子学生
4 傷有り少女
1 トルバドール
3 貴族令嬢
3 魔女っ娘
4 幼天使
2 エンジェル・ウェイトレス
2 サックス・エンジェル
2 ティファレト・ディセンデント
1 ヴァルキリー“スルーズ”
3 ヴァルキリー“ラーズグリーズ”
4 ピュリファイエンジェル
2 黒嬢“マルゴット・ナイト”
3 本土防衛用術式剣 王賜剣二型
3 死の刻印
4 ヴァルキリージャベリン
3 デス
4 花園の幻
3 レーヴァテイン

青のアヴァロン中心の焼きデッキで、基本的にはGXTで使っていたものです。
デッキ採用理由に関しては単純に「(自分が作れる)これより強いデッキが思いつかなかった」ことです。
自信作なので、「コレで全部踏み潰す」くらいのつもりで腹を決めてました。

解説ですが、デッキの基本部分に関しては以前初期型のものをtocageのブログで書かせていただいているのでこちらをどうぞ

以下GXからの変更点とかメタ的なお話。


NPにした理由>>
・どっちでも出力が変わらずに使える(パートナーなくてもいい)
・苦手なおさんぽ銃士が使いやすいのは圧倒的に
 パートナーなので通常の方がやりやすい(チャージXとかの関係上)

仮想敵・環境メタ考察>>
スミマセン、実はあんまり考えてませんでした。
・大抵のデッキなら焼き払ってしまえば大丈夫だと思った。
・おさんぽはいても4枚、運命サーチ含めてもやっと8だから引き勝負?
 引かれてもおさんぽを倒す方法がなくもない。
・うっかりジャンヌ圧縮(?)→焼きカードだけでは対応が難しい(だってアタッカーいっぱい居るもん)

で、どうなったか>>
・ピュリファイ4積み(以前は2):焼きカードの枚数増やすために減らしていたものをMAXに
・マルゴット採用:横面広げられても強い
・焼きカードの配分見直し:バインド少なそうだからダークネスバインド引っこ抜き。



続いてPデッキ。

1 スパルタ教官
4 新人ボイスアクトレス
1 サイボーグSWAT
1 槍女学生
2 肉食騎士
3 ピュリファイシスター
3 スカジャンタイガー
4 魔女メイド
2 戦輪戦士
1 マルチウェポンメイド
3 プリペアーファイター
2 狩猟エルフ
2 重戦士
4 戦士
2 ブルマートライ
4 PSI・エンジェル
4 ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”
3 セルフィッシュウォリアー
2 エルヴン・ユナイト“シルマリル”
3 マジカルクッキングウォリアー
4 グリムリーパー
3 イレイズ
2 ソニックブレード

採用に至るまで>>
・ブルマートライにセルフィッシュブレイク(打点3と(1)ブレイクスルー)が強いという
 脳内妄想が膨らんでしまった
・時間がなかったので既に自分が組んでいるor組み換えで完成するデッキじゃないとダメだった。
 (具体的には前日夜勤終了~当日出発までで調整完了するくらい)
・通常で新人VA・PSIエンジェルを使っていないので、両方4積みできて強いデッキだった
 (上2点書いた後だと、完全に跡付けの言い訳)


しょうもないこと書いてスミマセン。悩んでたら気づいたら目前で時間がなくなってました。
そんなこんなで、TWに参加できたら使おうかと思って置いてあった嫁スタンレイナを急遽組み替えたのがコレです。
一言で言えば「シルジャンヌ」なデッキですが、採用カードが他の方が使っているものに比べて
明らかに異色と言われたので以下解説です。


ほかの方のシルジャンヌとの違い>>
【他の方のシルジャンヌ】
P1積みシルマリルでどっしり構えるイメージ。ストームで全体除去、横面に強くメインアタッカーがキャラ。
安定して強いと評判。

【こたつ版】
シルマリルはおまけ。といいつつミラーで出ると強く、出されるとつらいので2積み(P1含む)。
最近は焼きたい強キャラが▼無い奴多いし、おさんぽもいるのでストームいらないって抜いた。

ストームを抜いたのでドロー増。逆に全体除去には弱くなっているので、スカジャンをしっかり積む。
あとスカジャンはうめ対策としても重要で、グリムリーパーをスカジャンタイガーに使用することで、
グリムリーパーが3F3Cになり、切魔法の対象にならなくなると言う効果もあります。

キャラクターカードをメインアタッカーにすると、キャラのつぶし合いになって辛いことがあるので、
セルフィッシュウォリアーをメインアタッカーとして構築しました(上記妄想による部分も多分に含む)。
ドロー増の理由はここにもあって、アタッカーがキャラよりセルフィッシュなので、
アグレッシブ展開もだけどドロー補給がしっかりほしく、ジャンヌは引いてからバトルで落としてもいいので、
ダメージ落ちする確立が下がってもかまわないと言う発想です。
セルフィッシュをメインに据えるに当たって必要なのが、セルフィッシュが叩き続けられる状況なので、
ピュリファイシスターでシンクロイニシアチブをつけることで、相手の軽ブレイクをしっかり一方殺を取れるようにしました。
セルフィッシュ素体がブルマーだと、ピュリファイシンクロで 4(3)イニシアチブが作れるので、
相手のメインでもガードしにくいと思います。

あと皆さんに一番異色だと言われるのが「イレイズ」の採用ですが、コレに関しては即決でした。
単純にファストタイミングでキャラが除去できたら強い。という想いで採用しました。


結果は1日目は1敗1分で2位通過できました。内心パートナーはすっごい不安だったので、
ちゃんと勝ててよかったです。

【おまけ】
1日目→2日目の調整。
デッキ自体は変更なし

【NP】メアリをにらんで
軽ブレイクを ティファレト>ハープ
除去カードではダークネスバインドを再登用
1日目使わなかったマルゴットをOUT

2日目初戦のWISPさんは正直何で来るか読めなかったのでWISPさん対策はなし(できず)
結果的にはうめを使われることはどう頭を捻っても自分の頭にはなかったので、
下手なことをしなかったのは正解といえなくもない?
むしろあそこまで自分を意識していただいてたことが若干嬉しいくらいです。


【P】
ザっと組みで適当すぎた黄色キャラを修正。
1日目使わなかったソニブを除去兼アタッカーの4F3Cフォルナに変更。


結果2日目の本戦は惨敗で4位でしたが、その後のオベダイは快調だったのでデッキに関しては
自信を失わずに済みました。

書きたいことを書いてたら長文になってしまいました。
長くなってすみません、読んでいただいた方はありがとうございました。

青の方はToCaGeで非常に詳細な解説を見ることができますが、一見剛腕屋さんに見える2ターンジャベリン等もアクセス数と有効稗の数が緻密に計算された上で構築されていて、デッキ全体の仕上がりが美しいレベルです。
マジこたつさんいなかったら予選抜けれませんでした
ノンパの黄色はスカジャンリーパーを始め、環境を睨んだ数々の工夫が見られます。
特にイレイズには度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。
鬼更木狐龍さん、ありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

次はAAAの火曜日担当!前年度No2のハヴさんです!

AAA火曜担当ハヴです。
この企画、見られる側としてより見る側として非常にエンジョイさせていただいてます。そんな皆さんの中に自分も混ぜていただけるってのはホント光栄の極みであります。


黒単ミカエル

3 七大天使“ミカエル”
4 電脳エルフ“ラプンツェル”
2 雫天使“マトリエル”
3 アークエンジェル
4 デュナメイス
3 コフィンボーグ
1 ブライドエンジェル
4 メテオバースト
4 エンジェルビット


1 エンジェルメイド
2 サイボーグメイド
4 PSI・エンジェル
4 メカニックボーグ
4 ポストエンジェル
4 バケットエンジェル
1 トライデルビシュ

4 サイボーグマッサージャー

1 見習いディアボリスト

3 エルフメイド

4 エンジェルスレイブ


CCの翌週にはレシピあげてましたが。
とりあえずサイボーグを足回りレベルまで持ち込んで、気持ちだけでもってレベルで白(≒サイファー)青(≒ラーズ)相手が楽になるようにした黒単です。
といいつつサイボーグのキャラが若干少な目ですがそこは黒。▼回しでなんとかしていきます。(汗
シールドキャラの採用率が高いとは言えず、新人VA当たり前みたいなこの環境では突き刺さると思い、メテバは4枚にしました。これによりデッキ内のキャラクターはシールドないしは耐久が2以上のものを努めて選んだつもりです。
その際採用したポストエンジェルが序盤~中盤の除去やコントロールのほとんどをかわせるのが心底心強かったです。
まぁ肝心のサイファーラーズはかわせませんが…。


白単コントロールハイブリッド武蔵型


1 ブライト・マインド“一色 真純”(パートナー
2 高嶺“葵・喜美”
1 デュアル・タレント“テュルテ・エスメリス”
3 エンジェロイド“サイファーII”
1 自動人形“ホライゾン・アリアダスト”
3 武蔵副王“葵・トーリ”
2 グラマラスバニー
3 アルビノシンガー
4 ナイトクラブバニー
2 声優アイドル
3 ショッキングビキニ
3 運命
4 春一番

2 デュアル・プリンセス“テュルテ・エスメリス”


4 カフェウェイトレス
2 艦長自動人形
4 チェインバーメイド
2 自信満々少女
4 新人ボイスアクトレス
1 黒ぶちメガネガール(ライブマスコットガール持ってなかった。スカラー横取りされて死ぬならその程度だったということで。
2 看護師

3 貴族令嬢
4 お散歩従士



大層そうな名前がついてますが要はトーリのサーチを取り込んだ白単コントロールです。
キャラであり喜美でありホライゾン(≒ビキニ)であるトーリは4枚にしようかと思ったタイミングもありました。
が、基本的にタレントが場にいないと「勝ち」までたどり着けない構築にしたので1ターン目に支配したいような武蔵持ちのキャラがいないのがいつまでもネックになって、「それなら4枚目の枠はタレント増やそう」となり結局黒ぶち~が投入されました。
キャラを減らしに減らしましたが1ターン目に白キャラになるカードはデッキ内に22枚、2ターン目以降は減った部分は運命で補強ができるので致命的に困る試合は超少なかったです。
ちなみにお散歩前提なので白以外のキャラを支配する余裕はあまりないのでアクティブキャラクターを製造する▼回しはハナっからしないことにしたのでいざというときに精神攻撃力を持ってる素体でドローな貴族令嬢は極力支配しないでゲームを進行します。
PSIをノンパにフル投入していたために白Fを発生させない皆さんへの未練は割と早くなくなりました。

ちなみに、わざわざなんで武蔵混ぜたかというとコントロール枠を無理やり増やせるのと何よりも高嶺が強くて仕方なかったからです。
自分も最初は半信半疑で投入しましたが実際に使ってみると主に黄色相手の試合を拾えるようになったのでテキスト上では「アンタッチャブルが補給持ってるだけ」のクセに激強くてビックリしました。

苦手な色への対策を足回りから考えてある黒単。
『焼きながら数で殴る』というノンパの最もスタンダードな戦法を突っ走っています。
ジャンヌの眷族が大体メテバで死ぬことから、対黄色へのマッチアップも悪くはなさそう?
パートナーの白コンはエンドパターンへのアクセスが豊富で、中盤での失速(からの逆転負け)が起こりにくい仕様になっていますね。
ハヴさんありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

続いては、CC常連の貫禄!おとやんさんです!

こん○○は、おとやんです。
チャンカーのデッキレシピ掲載って事で、乗らざるを得ないこの流れに!(←)


パートナーシステム無し

4*サイボーグマッサージャー
3*エルフメイド
1*幽霊ウェイトレス
4*エンジェルスレイブ
3*サイボーグメイド
1*ガスサイボーグ
1*花嫁天使
4*メカニックボーグ
4*バゲットエンジェル
4*ポストエンジェル
4*アルケー

4*アークエンジェル
4*デュナメイス
2*コフィンボーグ
1*アクワイヤードエンジェル
4*電脳天使"ラプンツェル"
3*七大天使"ミカエル"
2*雫天使"マトリエル"

4*メテオバースト
4*エンジェルビット


黒単イレイザーにラプンツェルを採用した、普通のデッキですね。
メテオバーストとエンジェルビット、ミカエルで場を制圧するって感じのデッキです。
後攻からでも展開で負けないように、軽ブレイク11枚体勢です。
後攻ならさらに軽ブレイク4枚増えてラプンツェルも出しやすくなるって感じ。
マトリエル枠は直前までスティレットヒールだったんですが、
ハヴやんの入れ知恵でメアリにも通用する貫通力って事で採用。
PSIエンジェルをパートナーに使っているのでこっちには入ってないですが、
回していて特に問題を感じなかったので、気にしない事にしました。
こたつさんに当たったら知らん、と割り切って持っていったんですけど・・・


パートナーシステムあり

4*新人ボイスアクトレス
1*サイホーグSWAT
1*スパルタ教官
2*ディーラー
1*バチカン衛兵
3*カロン
3*ビッグフェアリー
4*ブレードウィッチ
3*プリペアーファイター
4*狩猟エルフ
2*戦輪戦士
2*戦士
1*飛刀族
4*PSIエンジェル

3*ヴォーパルバニー
2*レジスタンスリーダー
4*セルフィッシュウォリアー
1*エルヴン・ユナイト"シルマリル"
4*ラ・ピュセル"ジャンヌ・ダルク"

3*マジックソードブレイカー
4*ライトニングストーム
4*グリムリーパー


こっちは普通の新人VAエンジンのシルマリルジャンヌです。
メタの真っ只中を突っ走る、後攻からでもワンチャンを物に出来るデッキ選択でした。
・・・あまりに普通過ぎて書く事ねぇっすなぁ(苦笑)
個人的にティン!!と来るデッキが無くて、デッキパワーのあるデッキを持って行くと言う、
勝ち狙いの行動だったんですが、結果として栄えないものでした。

次回があれば、ティン!!と来るデッキを持って来たいものです。

どちらも、後攻からの捲くりを意識して構築されてますね。
黒のレシピがハヴやんとほぼ同じなのは、《魂で繋がる仲間/ソウルメイト》だからでしょうか。熱いですね。
黄単のレシピが、GCの時からグリムリーパーが増量されていて、より逆境に強くなっています。
次回はティンティンに来るデッキを持って来たいとのことなので、これからの活躍にも期待が高まります。
おとやんさん、ありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

そして企画のトリを務めるのは、落ち着いたプレイに定評のあるカラさんです!

パートナーシステムなし
4新人ボイスアクトレス
1サイボーグSWAT
1スパルタ教官
1飛脚
3ピュリファイシスター
4スカジャンタイガー
4バードウーマン
4狩猟エルフ
2プリペアーファイター
4戦輪戦士
4PSIエンジェル
2エンジェル中学生

4ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”

2ソニックブレード



サバトで使用したデッキと全く同じです。
初手にキャラが無いという事が絶対に起きないのと、回しやすさ、私がCCのレベルで勝ち切るには尖らせないと難しい、という考えから選びました。



パートナーシステムあり
4龍娘
4蛇拳使い
2元気巫女
4龍玉巫女
3仙術師
2篠笛巫女
4ファーマシスト
2貴族令嬢
4見習いディアボリスト
2スネークメイド
3カメレオンメイド

4双尾龍女
4淡竜
3陰陽統師“土御門紗綾”
1竜神“阿那婆達多”

2縁結び守
4晴れ着

4切魔法
4デビルズ・パラノイア



阿那婆達多に晴れ着をセットして隣に紗綾がいれば勝てるのではないかと考え、選びました。


結果は両方とも1勝2敗で、合計2勝4敗の9位でした。

まず目を引いたのは、紗綾デッキのデビルズ・パラノイアですね。
武器破壊の無い赤にタッチで搭載することで、隙の少ない布陣で攻めに行けます。
紗綾デッキの課題であった八剣うめも、一度アブソを通せばデッキから残りの晴れ着を抜き取れるので、ほぼ勝ち確です。
晴れ着+紗綾、晴れ着+阿那婆達多など、とにかく対シルジャンヌのマッチアップが良さそうなのは魅力的ですね。
パラノイアはホライゾン、紗綾はアイアコスビートにも刺さるので、パートナー環境で、武器を割れるようになった赤は強いかも知れません。
カラさん、ありがとうございました!


そして
CC2013企画、これにて完走です!
レシピとコメントに協力してくれたCC参加者の皆さま、本当にありがとうございます!

3週に渡って掲載した12人×2個で24個のデッキレシピ+コメント集、如何でしたでしょうか?
どのデッキも、公式に載らないのが勿体ない物ばかりですね。

それでは今日はこの辺りで〆ということで。
次は月曜の記事でお会いしましょー。

(当たり前ですが)長文だらけのゲスト記事になりましたが、ここまで閲覧頂きありがとうございました!

コメント

  • 2014/03/17 (Mon) 09:17
    アブソw

    気持ちはわかるが>デビルズ・パラノイア

    八天 #9g/d9FRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する