スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013企画第二章!

今週もやって参りました、cc2013便乗企画のお時間です。
進行は私、月曜担当のWISPが務めさせていただきますヾ(・∀・)ノ


今日紹介させていただくのは、勇気さん・げそPさん・緋村さん・あっとけいさんです!



本日最初に紹介するのは、前年度優勝者の勇気さんです!

前日本王者の勇気です。CCプロデュースプロモ、皆がんがん使ってくださいね!

緑青冥界蜂蜜コントロール

4カロン
4小悪魔ウェイトレス
2幽霊ウェイトレス
4冥界戦士
4地獄の闇番
2山子
2セールスデビル

3アストラルメイド
4お散歩従士
4見習いデュエリスト

4骨女
4ビルコン
4わんにゃんタイガー
4冥界二巨頭“アイアコス”

4ミッドナイトランデブー
3一滴の蜂蜜
4ヴァイタルドレイン


お散歩従士で対戦相手の序盤の焼きをケアして、緑のカードでコントロールし、アイアコスでゴリ押しするデッキです。
緑のカードは概ねお散歩従士の影響を受けないので、相手のサポートカードも無力化できて良さそうかなーと。(ヴァイタルドレインのみ、支配キャラクター5体以下の既に場にいる軽ブレイクには触れない)

サバト環境中の調整ではタッチ赤で孔雀経法を使う構成だったのですが、途中でタッチ白の新人ボイスアクトレス、二学期デビューでキャラが息切れしない構成に変更。
その後、今回のCCレギュレーションでパートナー側に新人ボイスアクトレスを持って行ったので、お散歩従士が4枚揃った試しに作って、ぶっつけ本番で使いました。


黒単Wブラック

4エンジェルメイド
4PSI・エンジェル
4アルケー
2バゲットエンジェル
2トライダルビッシュ
4トランスポーター

4新人てふじ
1スパルタコーチ
1ハーフエンジェル
4エンジェル・ウェイトレス
4エンジェルスレイブ

4デュナメイス
4アークエンジェル
3ベールエンジェル
3スイーツ天使
4アクワイアードエンジェル
2雫天使“マトリエル”
1七大天使“ミカエル”(パートナー)

2パニッシュメント・アサルト
3セラフの祝福


2ターン目に各種軽ブレイクで爆展開を狙い、3ターン目以降に範囲除去か殴り倒すことを狙います。
調整時間が全く取れなかったので引いて使うだけの簡単なデッキをチョイスしたつもりですが、実際はデッキ構築の時点でオリジナル(参考元)のデッキを劣化コピーしてしまい各所に迷いが出ていて、デッキそのものが自分のプレイスタイルに合わない時があったり、デッキにプレイングを寄せることもできずgdgdな感じでした。

今回はメタ読みはそこまで深く考えず、使いたい色・デッキをチョイスしたつもりです。
結果は×○○×××の10位と前年度CCからは不甲斐ない結果に終わりましたが、おもしろいイベントに参加できてとても楽しかったです。
あまり王者らしくカッコつけることができない一年でしたが、また一挑戦者としてのマインドブレイカーになろうと思います。
次回参加できる機会がありましたら、体調と時間と調整相手を十分に確保して臨みたいと思います(´ー`)b

本人は謙遜されてますが、既存デッキを環境に合わせて正確にチューンした、という印象を受けますヾ(・∀・)ノ
特にノンパのデッキは、
・カロンの採用率が低い環境でのアイアコス
・キャラへの火力スペルが飛び交う中でのお散歩従士
・横に伸ばし続ける(ことが多い)環境に直撃する一滴の蜂蜜
などなど、環境に蔓延するデッキに対して効果的なアドバンテージ要素が多数盛り込まれていて、プレイヤーのセンスが輝いていますね。
勇気さん、ありがとうございました!

次は上板橋の超級プレイヤー、げそPさんです!

4 新人ボイスアクトレス
4 チェインバーメイド
4 カフェウェイトレス
4 艦長自動人形
3 自動人形ウェイトレス
4 八乙女
4 演歌アンドロイド 1 お散歩従士

4 自動人形“ホライゾン・アリアダスト”
2 武蔵副王“ホライゾン・アリアダスト”
4 武蔵副王“葵・トーリ”
4 デュアル・プリンセス“テュルテ・エスメリス”
2 デュアル・アイドル“テュルテ・エスメリス”
2 デュアル・タレント“テュルテ・エスメリス”
2 メタモル“ネモノワ”ムーンフェイズ

2 ショッキングビキニ

4 運命

4 餌付け
2 春一番


解説書いてる時間がないですが。

1ターン目白ドロー支配
2ターン目新人とクソ雑魚支配ドロー支配。
3ターン目ホライゾンでショッキングビキニを手札に加えてVFテュルテプレイ。
支配ドロー支配でパートナーの青テュルテ加える。
テュルテ構えてBCBでビキニとか餌付け戻して勝ちます。

結果的には餌付けを春一とサイアポーツにするとか
アルビノシンガーを入れた方が強そうでした。
餌付けは餌付けでビキニやコスト捻出と相性がいいですが。

3巴御前
4土御門紗綾
2淡竜
2琉球巫女
4方術師

4降伏
4切魔法
3神楽
2コンルストゥ(トマトの法)

4ドキドキ少女

2凡僧
1飛脚
4羅盤師
3元気巫女
4道場主
4梓巫女
2多富貴巫女

1見習いディアボリスト

3サトリメイド

3清め巫女

1スター・トランスポーター

はい、クソ雑魚デッキです。
圧縮ジャンヌを殺すために紗綾が使いたかったです。
白テュルビキニとかにも刺さります。
最初は御前じゃなくて鹿島栞も採用してました。

後は方術師降伏や梓巫女でキャラビにさらに強くしてます。

パートナーの、ホライゾンテュルテを開発したのはこのお方ですヾ(・∀・)ノ
本人から許可を頂いたので、ホラテュルの解説は明日の記事に使わせて頂きたいと思います←
ノンパの赤単は、シルマリルやうめが少ない中での強力なネーム対策である土御門デッキですね。
紗綾のエフェクトは白単のビキニテュルテや青白メアリにも非常に効果的で、環境のトップを睨んだチョイスとなっています。
本人が「ミカエルには不利」と言っていましたが、それでも降伏や巴御前である程度対抗可能な辺り、隙が少ないデッキに見えますね。
げそPさん、ありがとうございましたーヾ(・∀・)ノ

続いて、横浜剛田家を束ねるドン、緋村さんです(`・ω・´)

パートナーシステムなし
1 スパルタ教官
1 サイボーグSWAT
4 新人ボイスアクトレス
1 ピュリファイシスター
1 バチカン衛兵
2 ディーラー
2 カロン
4 魔女メイド
2 戦輪戦士
4 マルチウェポンメイド
2 プリペアーファイター
4 ビッグフェアリー
4 狩猟エルフ
4 PSIエンジェル
1 ダークサイドウォッチャー
4 ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”
2 セルフィッシュウォリアー
3 エルヴン・ユナイト“シルマリル”
4 ピルグリム
4 ライトニングストーム
2 アブソリュート・ヴァニッシュ
4 グリムリーパー

メタはメアリか黒
1トップ相手なら周りのビートorヴァニッシュでなんとかする予定だった
黒に対してはシルマリルを早めに出すことか、横で早い段階から殴って勢力リーパーに頑張ってもらう考え
また、パートナーが黄ばっかりだろうからノンパで黄はいないっていう考えの逆をつきたかったからこのデッキを使った

パートナーシステムあり
4 ドキドキ少女
1 サイボーグマッサージャー
1 バグキラーロイド
2 看護師
4 羅盤師
4 元気巫女
4 帯刀巫女
4 道場主
4 龍娘
1 カロン
2 淡竜
3 八剣巫女“八剣 うめ”
2 雪だるま大好き“八剣 うめ”
4 巫女“八剣 うめ”
2 縁結び守
3 晴れ着
2 七枝刀
1 蜻蛉切
4 運命
2 霊峰結界
4 切魔法
2 落花流水

デッキの元ネタはゆん葵さんのもの
カロン積んだのはキャラビアイアコスとかっていうのに逆立ちしても勝てないからw
後は落花流水はライトニングストームとか、刻印とかプロジェクトに対してキリ魔法使いたくなかったから
プレイングというより、むしろ完全右手頼りな構築に組んだつもり

割り切るところは割り切った、完全なCCカスタムのデッキですね。
キャラへの除去が予想されるノンパに黄単を合わせている所など、よく考えられています。
シルマリル+ライストやリーパー&ヴァニッシュなど、縦と横のどちらも対応できるよう作られています。
パートナーのデッキはよくある普通のうめかな、と思っていたら
>デッキの元ネタはゆん葵さんのもの
つまりそれ、原型は俺が作った奴じゃねーか!(^p^)
緋村さん、ありがとうございました。

本日のトリを務めるのは、皆さまご存知の現日本王者!あっとけいさんです!

CCデッキ:パートナー
3 新人ボイスアクトレス
1 スパルタ教官
3 ディーラー
2 ピュリファイシスター
4 カロン
4 PSI・エンジェル

4 ビッグフェアリー
4 狩猟エルフ
2 戦輪戦士
4 魔女メイド
3 マルチウェポンメイド
4 プリペアーファイター

4 ピルグリム
2 セルフィッシュウォリアー
4 ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”
1 エルヴン・ユナイト“シルマリル”(P)

3 マジックソードブレイカー
4 ライトニングストーム
4 グリムリーパー


◆デッキ選択

パートナー/ノンパートナーはともかく、ジャンヌを使うことだけは早々に決まっていた。だって強いやん?
何が強いやんって、後攻からでも勝ちにいける力。
結局なんだかんだいって今の環境も先攻で勝つのは当たり前、後攻でいかに勝つかみたいなゲームだと思ってる。
ペネトレイト+グリムリーパーはどんな逆境からでもまくりにいけるし、ぶん回ればほぼ3ターンキル可能だから相手の先攻3Fアクションに対して後攻からでも勝ちにいける。
キャラビート、グリムリーパー、ライトニングストームと色んな角度から殺しにいけるので対策されにくいのも魅力。
圧縮含めてノンパートナーも検討はしてみたけど、グリムリーパーの相対的弱体化、青コンやミカエルのせいでシルマリルへの依存度が高くなるくせに確定で引けない辺りに嫌気がさして普通にパートナー。

◆デッキ解説

・3 新人ボイスアクトレス
 1 スパルタ教官
 0 サイボーグSWAT
 4 カロン

新人VAは4枚にしてしっかりパートナーで勝ちきることを考えるべきなんだろうけど、なんかひよって3枚。
一応は変に勢力で沸くとスパルタ教官のフタされてムカつくとか、どうせ新人VAを3体も支配することないしとか、スリープウォーキングガールをケアして気持ち放置要因を緑にシフトさせてみたとか、後付の理由はいくつか。
サイボーグSWATはサバトのときから入れてないけど、青・黄、慎重にいくなら赤・黒にも放置できないならいつ使うのっていうのと、1回こっきりの3点よりもスパルタ教官で2点で複数回殴ってもらえるほうが期待値高いとの判断。


・2 ピュリファイシスター

ミラーで後攻は(当たり前だけど)ただひたすらに祈るしかないので、何かあがく手段が欲しかった。あとアルビノシンガーとかピュリファイエンジェル乗り越える用。主な負け手段である勢力アタックをさばく手段が欲しかったのもある。ジャンヌかシルマリルでしかキャッチできないから。
最序盤に出てきてディーラーのフタをして悲しくなる程度のリスクは受け入れよう。ディーラーに殴られない喜びの方が上回ってる。


・4 プリペアーファイター

いかに後攻から勝つか、がテーマだから相手の先攻3ターン目に3Fを構えるために軽ブレイクは超重要。
素直に軽ブレイク足してもいいけど、どうせならうっかりジャンヌにもなれるプリペアーファイターの方が融通も利く。
あんまり支配したくはないけど、じゃあそこで手札の軽ブレイク握り締めてキャラ支配できませんエンドよりは遥かにマシ。

CCデッキ:ノンパートナー
1 新人ボイスアクトレス
4 ドキドキ少女
2 看護師
2 運命

4 傷有り少女
4 貴族令嬢
4 アストラルメイド
2 バチカン衛兵
4 お散歩従士
1 ピュリファイシスター

2 傷有り“メアリ・スチュアート”
4 英国王女“メアリ・スチュアート”
4 重双血塗れ“メアリ・スチュアート”
2 ヴァルキリー“ラーズグリーズ”
4 ハープ奏者
4 水連の少女

4 マンドラゴラ
3 本土防衛用術式剣 王賜剣二型

3 ミルトンの援護
2 妖精女王との謁見


◆デッキ選択

とりあえずスタート地点はサバトのマンドラゴラメアリ。お散歩デッキに対しては横に広げて盤面の差で勝つというのがセオリーだけど、そのセオリーがマンドラゴラによって根底から崩れ落ちた。
まずは非お散歩デッキでぎりぎりまでキャラ5体を維持し、最後に一気に盤面広げてターンを渡さず殺しきるアプローチを試してみたけれども、どれもイマイチ。候補のミカエルはラーズグリーズに弱すぎるし、ィミスクランブルはそもそものデッキパワーが低すぎる。
じゃあ仕方ないからお散歩圏内でやりあうことを考えてみるけれども、ジャンヌはパートナーで使う、青コンはPSIエンジェルを使えないのが苦しいしこたつさんのデッキもお散歩従士が単純に50%のデッキに入ってるような環境で使う気になれない。
蜂蜜のある緑は有利そうに見えたけど、補給が薄すぎて都合の良い引きをしないと1体だけ残ったメアリにボコられる未来が見える。
白コンはビキニがぶっ刺さるし補給線も悪くないのでギリギリまで悩んだけど、マンドラゴラガン無視で盤面がっつり広げてくる相手には状況によってはお散歩圏外に出ていかないといけない、そこの押し引きの判断がとても自信が持てなかったので結局もう考えるの嫌だみんな頑張って対策考えといて、ではるえもん助けてと泣きついてメアリ使うことにしたのが3日前ぐらい。
(どうでもいいけどはるかさんに丸ごとデッキ借りたのに裏CCでメアリ使っててビビった)
対人経験ゼロだけどやること単純だし何とかなるでしょ(何とかなるとはいってない)。
あのタイミングでマンドラゴラなんて出してくるということはまだ隠し玉持ってるか環境誘導したいってことだろうけど、特に何も思いつけなかったのでただ当たらないように祈りを捧げる。

どちらも非常にデッキパワーの高い、王者に相応しい2種ですね。
相手に盤面でマウントを取られた状態から、捲くりに行く力を重要視されてる印象を受けます。
メアリのデッキは自分なんかのデッキを参考にしてくれたとのことですが、入れなくても勝手に警戒されるレーヴァテインが外され、同系戦や対白・対黄で活躍する謁見やラーズグリーズに差し替えられています。
>あのタイミングでマンドラゴラなんて出してくるということはまだ隠し玉持ってるか環境誘導したいってことだろうけど
(´・ω・`)環境誘導だなんて高度な技、自分はできませんv
コタツさんのデッキと言う名の隠し玉ならありましたけども(ゲス顔
あっとけいさん、ありがとうございましたヾ(・∀・)ノ


そんな感じの第二回でしたー!
デッキパワーを信じてメタのど真ん中を突き進むのか、多少パワーが下がろうとも、確実にトップを刈り取るのか。
レシピを眺めていると、プレイヤー達のそういった思考が読み取れて面白いですね。

それでは今日はこんなんで。
次は月曜の記事にて、テュルイゾン(何)の解説をしたいと思いますので、お楽しみに(`・ω・´)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。