スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q:貴方はCCに何をしに行ったのですか?

A:あっとけいさんにライトニングボルトを授けにです。(目そらし
ども、火曜担当ハヴです。
気付けばアクセス数が2万目前ですね。ワクワクです。


まずは先週書いたのに誤りがあったのでそれの訂正から。
ニュアンスとしては
「白で新人VAとお散歩を使ったから」「PSIしか使わなくてもなんとかなる黒を使った」
っていうことを先週言ったと思うんですが、
正確には
「PSIしか使わなくてもなんとかなる黒が実戦レベルだと判断したので」「新人VAとお散歩を使えるデッキの中から白をチョイスした」
ってところです。まぁ大した差はないことかもしれませんが自分が吐き出した言葉に違和感を覚えたので自己満足でw


さてさて、今回はCC予選のパートナー形式で使った白単をあげようと思っていたのですがせっかく週末CC企画があるならここでレシピあげて週末に水増し感が出るのもなって思いました。
なんで今日はレシピすっ飛ばしてレポ(失笑)書いていきます。
なお、先攻後攻は覚えてない試合があるので一括で割愛とさせて頂きます。
※ノンパートナーのレポはなんかいつもより気持ちテンション高めの文面でお送りしますが、そうしておかないと筆者のメンタルが折れそうだからです。あしからず。
※あと一週間以上前のことですのでところどころ間違ってたらすみません。
したら続きからどうぞ。


しつこい感ありますが
ノンパ:黒
パートナー:白
が使用デッキです。

まずはノンパートナー。

一回戦:えじぇ。さんの黒単
始まるとミラー感が激しくってドキドキ。
先にラプなりメテバなりに到達すれば対処可能や!みたいな場だったので意気揚々とドローしてみたら有効牌的な代物を引きませんでした。
というか相手のダメージに見えてるメテバで死ぬサイボーグメイド支配しか選択肢ありませんでした。
(ぶっちゃけ圧縮ジャンヌ倒す用に入ってるから割り切って入れてるであろうことはわかる)梓巫女、いじめっ子あたり入れてるから大丈夫、きっと相手はメテバあんまり積んでないよねと自分に言い聞かせながらイヤイヤサイボーグメイド(しかも二体目)支配してターン渡したら当然の用にメテバ飛んできてむしろ安心しました。
そこでだいぶ勢いを削がれてあとは相手にスクランブルでしこたま殴られるのを待つゲームでした。

二回戦:カラさんの圧縮ジャンヌ
サバトで優勝したときからこの人の使うこのデッキと当たることは想定内だぜ!むしろそのためにポストエンジェル採用したり3F除去豊富に積んだりしたからあとは腕の見せどころやな!と意気込んでました。
後攻マリガン後に僕に与えられた選択肢はエルフメイドを支配するかエンジェルスレイブを支配するかだけでした。
死にました。

三回戦:おとやん先生の黒単ミカエル
PSIが入ってるか入ってないかくらいのミラー具合。というか対戦相手にデッキ教えたのはこの俺様です。
先攻取ってドヤってたら相手が後攻2ターンラプンツェルしてきてドヤ返されました。グギギ。
これでいい感じに先攻後攻が入れ替わったのにさらに逆転するには手が足りなすぎる感。
仕方ないのでこっちの場の方が狭いけどビートルート選択して相手ガーダーにビット撃ったり無理くりマトリエル出したり。
当然のように手が足りなくてふつーに殴られて結。



ということでノンパートナーは全敗。
ぶっちゃけもう決勝に残る目は出ないけどパートナーデッキの構築には(結果、げそPさんやWISPほどの出来じゃなかったけども)ある程度の自信があったし、当たった人のオポを稼ぐくらいのことはしないとって思ってました。
そんな感じのパートナー形式。



四回戦:げそPさんの白単テュルテ
相手が1ターン目からサーチを3枚駆使し出して白キャラと八乙女を支配してパートナー置き場には青4Fテュルテ。
完全に未知のデッキが相手だと判断したのでせめて耐性つけてスタートしようとこちらは(初手に唯一の白キャラだった)白ドローとお散歩を支配からスタート。
相手の一挙一動にビクビクしながらこちらの2ターン目、引いたキャラはお散歩二枚目。グラマラスは手札にあるのにこれ。
仕方なく支配して相手にターン渡すと相手はホライゾンブレイクから青3Fテュルテをファクター踏み倒し&コスト減少でブレイク。で潤沢な補給から支配1ドローキャラを支配してパートナー置き場からテュルテを引っ張ってくる。
もうこれで手札のグラマラスがきっちり通るとは思えないので引いてた自信満々少女をおろしてターンを渡そう的な。
もちろんメイン終了のレスで最初に降ろしてた白ドローをテュルテがデュアルして焼かれる。
あとはもちろんブレイクスルー止まらないし相手テュルテにパワー4枚刺さってるしで数回殴られたのちに相手の手間を考えて投了を選択しました。
結果論、1ターン目は白ドロー支配のお散歩放置スタートが正解だったなーとは思いますが原則▼回ししない前提でデッキを組んでいたのと相手のデッキの見たことない感に圧倒されてその選択肢が頭にすらなかったです。
そういうハートの弱さも試合中いいトコなかったっていうのにつながっているんだなーと。
まぁ2ターン目に俺が白F伸ばしてようが結果は変わってなかったとは思いますが。それくらい相手のデッキが素晴らしかった。

五回戦:勇気さんの黒単ミカエル
まさか去年のリベンジをする機会がこんなところで回ってくるとはな!(白目
他のショッキングな出来事が重なった試合がインパクト強すぎてこの試合が一番覚えてないです。勇気さんすみません。(汗
最終的には相手マトリエル(素体デルビシュ)VSこちらサイファー&真純(レジストイレイザーアイコン付き)な盤面になって相手のガーダー足りなくて殴り勝った感じだったかと。

六回戦:血石の水さんの緑単冥界
お互いさくさく展開な流れでゲームを回した感。
相手のダメージに蜂蜜が2連続で落ちてホッとしたのもつかの間、そのターン、その次のターンと蜂蜜が2連続で飛んできてタジタジに。
アイアコス出されるもアルビノシンガーが1体出て気持ち楽にはなるけども蜂蜜撃たれたせいでギリギリの場で展開しているので何回かは本体に通さないといけない感じ。
相手の冥界ファクターが3ギリギリだったのでカロンにささったパワーを目標に春一かましてそれを(確か)ナイトクラブでブレイクしてエフェクトとバインド消して更に白テュルテ(パワー0)を場に出して相手にターンを渡す。
結果、相手のアイアコスのアタック宣言にテュルテがセプトしたら相手からネモノアをデュアルされて本体直撃以上のダメージ…。
かつ相手はカロンを出してきてこれで再び冥界Fが3に。
あとはこちらのダメージが5以上になっていたのでエフェクトで相手ダメージが9になったのでゲームセット。


ということで1-5で予選ラウンドをフィニッシュ。
比較的ゲームらしいゲームがやれた試合があっただけに殊更どうしようもなかった試合に未練が残る形になりました。
メンツ的に負けるのは仕方ないにせよ、せめて応酬らしいものをしたかったなーと。
まぁそういった面でも努力の差が出たんだと思って今年は精進したいと思います。

それでは今週はこのへんで。週末企画に呼ばれたら日曜にでも。
次週はCC用に組んで結局使うところまで行かなかった緑単でもあげたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。