CC2013勝手に企画!

どうもー
日曜ですがWISPですヾ(・∀・)ノ

今年はCCコバンザメ企画として『CC参加者の予選使用デッキ紹介』をしようと思います。
(4人ずつ3記事で載せていく予定です)


今回はWISP・血石の水さん・えじぇさん・かんすわさんの4人です。
(予想通り超長くなったんで、折り畳んでます)

 
 

Player:WISP

ノンパートナー:青単花園軸レミリア
4 お出かけガール
2 和服モデル
4 ディーラー
3 英国女子学生
3 エンジェルシスター
3 魔女っ娘
4 傷有り少女
3 貴族令嬢
2 サックス・エンジェル
2 PSI・エンジェル

2 ティファレト・ディセンデント
2 ピュリファイエンジェル
3 ヴァルキリー“ラーズグリーズ”
4 キャスター“レミリア・スウェーデンボルグ”
4 デスティニーツイン“レミリア・スウェーデンボルグ”

1 サファイアストライク
1 デス
3 本土防衛用術式剣 王賜剣二型
3 ヴァルキリージャベリン

3 レーヴァテイン
4 花園の幻

キャラや足回りの細かい採用理由は、鬼更木狐龍さんのデッキをほぼ完コピしただけなので、自分がドヤ顔で解説するのもあれかなぁと思い省略させて頂きます。

>青を選んだ理由
パートナーの方のデッキで新人VAや運命、チェインバーメイドを使っているので、それらを使わず、かつ鬼更木狐龍さんの2ターンジャベリンをなんとかする方法が思いつかなかった。
レミリアな理由は、立った後のメアリをなんとかしやすい、サーチで挙動が安定しやすい、プロジェクトが使い回せるのでデッキパフォーマンスが低下しにくい、などが表向きの理由。
実際は黎明レミリアのSVFを4積み、サーチレミリアもサファイアストライクも全てサイン入りにして、ドヤ顔したかっただけです。
白テュルテ+ショッキングビキニを対策するために、デスを妖精女王との謁見に差し替える予定でしたが、寝坊したため入れ替える暇がなくそのまま出ました。



パートナー:白単テュルテホライゾン
4 新人ボイスアクトレス(2手目に下ろす)
4 チェインバーメイド(3手目に下ろす)
4 カフェウェイトレス(初手)
4 艦長自動人形(初手。武蔵持ち)
2 自動人形ウェイトレス(初手。ホライゾン素体)
2 八乙女(先に補給ができるブレイク素体として使える)
4 ゴールデンレトリバー(同上。同サイクルでは一番食われにくい)
2 演歌アンドロイド(同上)
1 お散歩従士(運命から呼べる。鬼更木狐龍さんのことが頭から離れなかったので、どうしても抜けなかった)

4 自動人形“ホライゾン・アリアダスト”(一番軽いタレント)
3 武蔵副王“ホライゾン・アリアダスト”(ホライゾンアクセス)
4 武蔵副王“葵・トーリ”(武蔵サーチ)
4 デュアル・プリンセス“テュルテ・エスメリス”(パートナーに置く。CIP3点トークンスペル)
2 デュアル・アイドル“テュルテ・エスメリス”(BCB&チャージ3)
2 デュアル・タレント“テュルテ・エスメリス”(アクセス拡大)
1 メタモル“ネモノワ”ムーンフェイズ(ミラー用&アクセス拡大)
1 メタモル“ネモノワ”サンバースト(同上)

2 ショッキングビキニ(バトル無敵)

4 運命(キャラも選ぶ)

4 餌付け(エンドカード)
2 春一番(万能バウンス)

超豪華キャストで製作した、げそPさんのデッキのほぼ完コピです。
翌日の裏CCでてふGさんが使ってるのを見た人も多いと思われますが、簡単に解説すると、速攻でホライゾンを出してテュルテのファクターを踏み倒すのがコンセプトです。
上手く回れば、3ターン目にファストタイミングでコストを8枚戻しながら、相手のキャラを2体焼きつつ6/6/5ブレイクスルーのトークンを生み出せます(手札にビキニ)
このデッキが生まれた経緯とか、支配1ドローが大量に積まれてる理由とか、開始3ターン目までの挙動とか、そこらへんの詳細な解説はげそPさんがしてくださると思うので、ご期待ください←

以上、WISPデッキ解説でした!
ノンパ・パートナー両方とも他人のコピーとか、とんだ糞野郎ですねwwwほんとすみませんwwwwwww

続いて、北海道から血石の水さんのデッキです!

こんにちは、普段は北海道でMBしている血石の水です。
今回Aquarian Age AllianceさんでCC出場者のデッキとコメントを掲載したいということでしたので、企画に乗っからせていただきました。

早速ですが、まずはパートナーなしルールで使用したデッキです。

4 PSI・エンジェル
4 エンジェルメイド
4 エンジェル中学生
4 バゲットエンジェル(そのカード自体を除けば、ブレイク時の素体21)
4 竜紋天使
2 エンジェルフ

4 龍女
4 龍娘

2 ダークエルフメイド
4 ウォーターホールエルフ

4 アークエンジェル(素体22)
4 デュナメイス(素体22)
4 電脳エルフ“ラプンツェル”(素体16)
4 グレイシャル・ドラグーン“ィミ・リュイリール”(素体12)

1 パニッシュメント・アサルト
4 スクランブル
1 スーパーローテーション
2 孔雀経法

キャラを横に伸ばして、そこからのスクランブルでの突破に特化したィミスクランブルです。

黒キャラは
・アークエンジェルとデュナメイスのブレイクコスト減少を邪魔しない (つまりイレイザーアイコン持ち)
・バゲットエンジェル以外は攻撃力3
となるように選択し、
黒以外のキャラは
・ィミ・ラプンツェルの素体になる
・色をばらけさせすぎない(※殴られ過ぎるとィミを出した後に自分が困る)
を意識して選択していました。

ちょっと精神力のキャラ2が多いのですが、バゲットエンジェルとラプンツェルの力に頼るために後攻を選択するので、精神2のキャラを2体支配、1体放置、軽ブレイクを1枚握ってエンド、という形からスタートしても大体なんとかなります(もちろん3ターン目までの引きに左右されますが)

動きとしては相手の動きと引き次第で2パターンで、ィミブレイクからのスクランブルを狙っていくパターンと、相手の展開が微妙な場合はィミを待たずに黒キャラと軽ブレイクでビートしていくパターンに分かれます。

どちらにしても、アタックコスト以外でコストを使う要素を極力削っているので、アタックに回せるコストがやたら多くなります。
そのコスト量に任せて殴り切ることができれば問題ないです。

あと、キャラが36枚と多めなので、相手が致死量だと思うアタック量では死ななかったりするのも意外と重要です(その分だけスルーしていいアタックが増えるので、ガードコストとして場から消えるコストが減り、結果スクランブル等に回せるコストが増える)。

以下、CC・裏CC内で反応があったカード選択についていくつかコメント。

・エンジェルフ
黒キャラの選択方針に合わせて、ィミかラプンツェルの素体になるキャラを探したところ、エンジェルフに行き着いた、というだけでした。
レジスト白はオマケみたいなものですが、白相手には支配してるとちょっとだけ存在感がありました。

・孔雀経法
キャラを横に伸ばしてスクランブルを撃つデッキなので、全体焼きが致命的です。(特にライトニングストーム)なので、このカードを2枚ほど忍ばせておいています。

最初はどうせ後攻デッキだし、ということで落花流水を積んでいたのですが、公認で8コストスクランブルにレスエレメントウォールって言われたのでこっちを積むことにしました。
実際にCC・裏CCの様子を見ていたら、プロジェクト以外のダメージ焼きが溢れていたので積んでたこと自体は間違ってなかった気はします(ただし使いたい場面で引いてなかった)。

・スーパーローテーション
勢力フェイズを後にしつつ補給してからスクランブルを撃ったりできるので、場合によっては劣勢を一気にひっくり返して勝ちが狙えます。
パワーカードを使い切っても、そのターンで勝てれば問題ありません。

実際、裏CCではスーパーローテーションから場のパワーカードを5枚から13枚に増やして、ィミが出ている場からの7コストスクランブル+6コストスクランブルで勝ちを拾った対戦がありました。
1枚入れておけばラプンツェルから拾える可能性が結構あるので、あるとないでは終盤のワンチャン狙いの方法がかなり違ってきます。

--------------------

そして、以下がパートナーありで使用したデッキです。

4 カロン
4 冥界戦士
4 幽霊ウェイトレス
4 イノセントチャイルド
4 小悪魔ウェイトレス
4 地獄の門番

4 レディマミー
4 アンデッドナース

4 骨女(素体28)
4 コールタイガー(勢力キャラをブレイクするのでアイコンは意識不要)
4 ビルコン(素体28)
1 冥界三巨頭“アイアコス”(素体28/パートナー)
2 魔人姫“アシュタルテー(素体12)
1 メタモル“ネモノワ”ムーンフェイズ(基本的にアイコン意識不要)

4 一滴の蜂蜜
3 サヴィッジ・ムーン
3 ヴァイタルドレイン
2 リャナンシーの溺愛

蜂蜜とコールタイガーで相手を遅らせながら5ダメ当てに行ってアイアコス、がしたかったデッキです。
最初はもっと軽ブレイクからのビート寄りの構成だった気がしますが、ヴァイタルドレインを入れたことででかなりコントロール寄りになっていました。

基本線は上記の通りですが、パートナーのアイアコスが1積みなので、グリムリーパーが回避できなかった場合は普通に軽ブレイクからのビートで何とかしに行こうとすることもあります。

その他のカード選択は以下に。

・キャラ比率
自分の蜂蜜対策。ただ、流石に黄8枚は少ないかも……という不安はあったのですが回してみて致命的に困ることは少なかったので「とりあえずこれでいいか」と思って現在に至ります(ぉ

・魔人姫“アシュタルテー
パートナーに多い1トップ対策。
デッキ構成的に、耐久6以上のデカいのを出されると厳しい場合が多いので、そういうのを1ターン誤魔化すために入ってます。
デカいのが出てなくても場のコントロールに使うこともあります。

・メタモル“ネモノワ”ムーンフェイズ
コントロール要素の一環……と思っていたのですが実運用はちょっと違いました(ぉ
アシュタルテーと合わせて相手のネームをブレイクできることもあるのですが、流石に稀。
むしろ今回はテュルテをブレイクするのに一役買いました。

・サヴィッジ・ムーン
流石にカードパワーが……と思うところはあるのですが、2/3/3と4/5/5によって構成されているデッキにとって、
・攻撃4/耐久4/攻撃6/耐久6のいずれかが欲しい場面で
・ファストタイミングで使えて
・軽いカード
となるとこれしかないんですよね。
あと、その他のコントロール要素と合わせて、相手のパワーカードを1枚削る役目を担うことも稀に。

--------------------

コンセプトというレベルでは、2デッキとも意外性のないものを持ち込みましたが、個人的にはデッキレベルでもっとブッ飛んだコンセプトのを持ち込みたいと思っていて、結局実戦レベルのものが何も思い付けなかった点だけ悔やまれます。

そんな訳で、皆様CC&裏CCお疲れ様でした。

どちらも、横に広げて圧殺するタイプのデッキですね。
テュルテサイファーをすり抜けるィミスクランブルや、対黄で活躍するアシュタルテーなど、苦手なデッキへの対策がキチンと盛り込まれています。
黒の方のデッキは重めの精神力を手札8枚スタートでカバーし、12枚の1Cブレイクを無駄なく活かすために▼多めのキャラ36構築と、足回りのコンセプトが綺麗ですね。
血石の水さん、ありがとうございました!


次は、横浜県最強プレイヤーえじぇ。さんのデッキですヾ(・∀・)ノ

悲しみを背負いし5位、えじぇ。のCC使用デッキです。
ノンパートナーもっと頑張るべきでした。

・ノンパートナー
2 看護師
2 梓巫女
3 エンジェルウェイトレス
2 いじめっ子
3 エンジェルスレイヴ
2 ダークエルフメイド
4 PSIエンジェル
3 アルケー
4 マジカルエンジェル
2 ベイビーリザード
3 サイボーグメイド
4 バゲットエンジェル

2 アークエンジェル
4 デュナメイス
4 ベールエンジェル
3 電脳エルフ“ラプンツェル”
3 七大天使“ミカエル”

2 パニッシュメントアサルト
4 メテオバースト
4 スクランブル

後攻を強く意識しました、黒単ミカエルバースト(?)です。
試合を決める系カードは、ミカorパニ、メテバ、スクランブル。
アクセス役のラプンツェルとあわせて合計が7〜8枚になるように組んでるハズ。

ジャンヌビート相手には、後攻の2T目までに最低1枚は引っかかれば…と思い、梓巫女といじめっ子が計4枚入っています。
(初手7+2ターン分2〜3ドロー+相手のPSIパンチ3〜8ダメ+自分の勢力フェイズ、なら15枚は軽く超える)

『黄色からのアグレ連鎖』を起こしたかったのに気がついたら黄色ドローの枚数が少なくなってしょんぼり。
CC予選では、ィミを入れるタイプにするか迷いましたが、結局いれませんでした。(ほぼ雰囲気で決めました)


・パートナー
4 新人ボイスアクトレス
4 チェインバーメイド
4 艦長自動人形
2 カフェウェイトレス
2 ウェイトレス
2 バグキラーロイド
3 お散歩従士

4 アルビノシンガー
4 自動人形“ホライゾン・アリアダスト”
3 武蔵副王“ホライゾン・アリアダスト”(パートナー)
2 高嶺“葵・喜美”
4 武蔵副王“葵・トーリ”

4 運命
2 トーリと仲間たち
4 春一番
2 サイ・アポーツ

2 プロミスリング
2 ショッキングビキニ
1 モノサイクル
1 サイキックギア
1 PSIエクスパンダースーツver.2.0
1 女装服
1 カーテナ
1 ハルパー


サバトの時からまた少し変わった、くうふくさんお望み通りのホライゾンデッキですね。
大きな変更点としては、
大般若長光→PSIエクスパンダースーツ になったのと、
カロン、お散歩従士、向井鈴、3F2Cホライゾン が アルビノシンガーに変更になりました。

環境を考えたときに、
パートナーにメアリやレミリアを持ってくる人を想像出来なかったので長光は要らない(あっても謁見に勝てない)としてout。
アイアコスビートはリーパー環境で多く出て来そうにない→カロンout&後述チブ要員in。
向井鈴は、かんすわさん辺りが勝手に警戒してくれるハズ→ウェイトレスで幻影を残して鈴out。
緑とか想像するとホライゾンのみで戦うことは出来ないのであろう→エクスパンダースーツつければ喜美でも十分だから ホライゾン枚数減。
としました。
そういえば、カロンという多色ドローが抜けることで 白キャラに おてんばメイドを採用する理由が完全に無くなりましたね。


また、アルビノシンガーを入れた理由は 大きく分けて2つ…

・黄色相手の誤魔化しチブ要員が欲しい。
・天才ホライゾンテュルテ用に、2Tホライゾンを目指す。

…です。

終わってから、対黄をもっともっと意識して トーリと仲間たち を増やすべきだと感じました。

どちらのデッキも遭遇率の高い黄色(というかジャンヌ)への対策が仕込まれていますね。
ぶるーちゃんが望んだホライゾンデッキはGC名古屋、サバトと使い続け、今回は局地戦仕様(CCカスタム)での登場です。
パートナーパーマネントによるお散歩構築が意識されまくってる中、パートナーで3戦全勝と聞いた時は感動しましたw
えじぇ。さんありがとうございましたヾ(・∀・)ノ

最後は群馬の星、かんすわさんです!

まずはパートナーのレシピから。


黄単シルマリルジャンヌ

4 新人ボイスアクトレス(デッキから▼キャラを呼ぶペネ要員)
1 サイボーグSWAT(素体にできる支配しやすい▼3点)
1 スパルタ教官(焼かれない横取りされない▼2点)

3 バチカン衛兵(白から連鎖する▼要員、セルフィッシュ素体ドロー)
2 ディーラー(白から連鎖、ラーズレヴァされないシルマリル素体ドロー)

3 カロン(白から連鎖、放置しやすい冥界対策ドロー)

4 PSI・エンジェル(2点補給で精神力2のペネアタッカー)

4  ビッグフェアリー(シルマリルピルグリム素体、精神力1のペネアタッカーは)
4 狩猟エルフ(シルマリルセルフィッシュ素体、いつでも支配したいので)
2 戦輪戦士(軽ブレ素体、10枚積みました)
4 魔女メイド(ラーズレヴァされないシルマリル素体ドロー)
3  マルチウェポンメイド(軽ブレ素体ドロー)
3 プリペアーファイター(サーチ要員、場に出たら素体。支配するととても弱い)

4  ピルグリム(ラーズされない1Fチャージ)
2 セルフィッシュウォリアー(サーチできる後攻1Fチャージブレイクスルー)
4  ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”(▼放置や引いたら特攻でダメージに落とす)
1 エルヴン・ユナイト“シルマリル”(P)(相手のやりたいことをさせない)

3 マジックソードブレイカー(うめメアリホライゾン対策)
4 ライトニングストーム(序盤中盤終盤、アドとれればいつでも撃つ)
4 グリムリーパー(大量パンプとハンデスを状況に応じて)

GCTから使い続けた、新人ボイス入りのシルマリルジャンヌです。
どの色にも不利がつかないと思ったのと、たまに事故的に勝てるのでこのデッキにしました。
パートナーは黄白>うめメアリアヴァロン>ホライゾン>緑黒くらいのメタ読みでした。

続いてノンパートナーのレシピー!

白単お散歩コントロール

4 チェインバーメイド(凄い補給点数。2ターン目に支配したい)
4 ライブマスコットガール(新人ボイスだった枠。初手支配したい)
3 看護師(白ミラー意識して枚数減。お散歩とあわせて初手支配したい)
3 サイボーグマッサージャー(白ミラー意識して枚数増。お散歩とあわせて)
3 カフェウェイトレス(ほぼ劣化チェインバーなのであまり支配したくない。おおむね素体)
1 おてんばメイド(気休めの圧縮ジャンヌ対策)
1 お手伝い自動人形(初手キャラが少ないときの勢力放置に。新人ボイス採用時の名残)

4 お散歩従士(2ターン目までには支配したい)
4 貴族令嬢(序盤は支配したくない。おおむね素体か精神ガーダー、テュルテ即パン用)

3 運命(新人ボイスいないので気持ち多め。お散歩チェインバー引換券)

4 グラマラスバニー(真純や春一番とあわせて横取りブレイクに)
4 ナイトクラブバニー(超強い。2F3Cドロー除去と2F1Cドローを状況にあわせて)
3 アルビノシンガー(後攻時はビートダウン対策。先攻時も精神攻撃)
4 エンジェロイド“サイファーⅡ”(対白青黒で強い。勢力キャラを果敢に横取りブレイク)
4 ブライト・マインド“一色 真純”(対赤青緑で強い。パワコンだけでも強いけど横取りもしたい)
3 デュアル・プリンセス“テュルテ・エスメリス”(エンドカード。焼きつつ突破力のある0F4C)
1 デュアル・タレント“テュルテ・エスメリス”(ビキニとあわせてビート対策に。チューターできる1積み)

3 ショッキングビキニ(軽いエンドカード。真純でパワー飛ばして縦差しして返しに殴りきったり)
4 春一番(汎用性高すぎるファスト。パワー剥いで横取りしたりパーマネント戻したり)

サバトでぶるーちゃんが使ったデッキをノンパ用にして、新人ボイスとPSIを抜いてデチューンさせてしまいました。
メアリとアヴァロンと黒にサイファーが刺さるので採用しました。
ノンパは白>黒>メアリアヴァロンジャンヌ>赤>緑くらいのメタ読みでした。

ノンパで白、パートナーで黄色と、メタのど真ん中を突き進む、デッキパワー重視で選択されていますね。
どちらのデッキも詳しいことは本人もブログに書いてくれているのですが、パートナーデッキの、黄色キャラの精神0が全て取り除かれているのが特徴的ですね。
ドローキャラを減らしすぎないようにしつつ、ジャンヌの眷族をギリギリまで増やした形になっています。
器用さよりも瞬間的な最大出力が重要視される状況に、キャラレベルで上手く対応させてありますね。
ノンパの方はくうふくさんが作った白コンの発展系ですが、4枚制限の影響により新人VA無しでドローを自色に寄せると言う、革新的な構築となっています。
かんすわさん、ありがとうございました!




そんな感じで、今日は4人分掲載させて頂きました。
こうして見ると、意識した仮想敵が同じでも、それに対する解答がそれぞれ違うのが面白いですね。
他の方々のレシピはまた次の週末にでも載せたいと思います。

今日はここらで。
それでは、次は月曜日の更新でお会いしましょうヾ(・∀・)ノ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する