スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こいつらと共に世界を救うというのも、悪くないかもしれんな」(No.1011 八剣巫女“八剣 うめ”)

先日のサバイバルトーナメントに出場した方、お疲れ様でした。
月曜担当のWISPです。


今日はそれのレポートで。


使用デッキ:青白メアリバーン
7枚の範囲除去を、お散歩従士で相手に押しつけながら殴るデッキです。
求めたのは、安定感。



一回戦:圧縮ジャンヌ ○
相手がキャラ展開するも、ジャンヌが落ちる前にお散歩マンドラゴラでパワーをごっそり流す。
もう一回同じことして、デッキ切れ勝ち。

二回戦:白コン ○
ちょっとキャラを食われる。
が、普通にメアリ重なって、相手の精神打点をちょっとずつ倒して。
相手のキャラが5体になったところで、お散歩を勢力に置いてブリスタをケアしてフルパン。

三回戦:青焼き ○
水曜担当のくうふくさん率いる名古屋連合その1。
相手がドローキャラばっかり下ろしてる間に、メアリが着地。
お散歩マンドラゴラで相手のパワーを流してからフルパン。

四回戦:白コン △
しんどーさん率いる名古屋連合その2。
堅実ルートか強欲ルートかで迷って、選択肢が裏目ってキャラをがっつり持ってかれた。
次のターンにキャラ止まって、軽く死にかけ。
お散歩マンドラゴラを二回撃って、メアリ出して殴ってたら時間切れ。

決勝戦:アイアコス ○
火曜担当のハヴやんチーム。そしてまた決勝の相手緋村君かw
ハープ奏者から展開してカリバーンでごっそりキャラを流し、メアリ重ねてフルパン。


マンドラゴラ強かったです(迫真

個人戦績4-0-1でしたが、チームは決勝で2-3により敗北。残念。


そんなわけでチームは準優勝です。
今年最後のアクエリ、色々あったな。
自分は色んな人に迷惑かけました。

しばらくオフシーズンですが、CCに向けて、カードは触っておこうと思います。


それでは、参加した皆さま、お疲れ様でしたー

書き忘れ。
追記からはデッキ解説です。

 
 

タイトル「メガメアリX」


青キャラ18
4 傷有り少女(英国ドロー)
4 貴族令嬢(最安定ドロー)
4 お散歩従士(コンセプト)
3 アストラルメイド(ハープ素体)
3 見習いメイド(サイファーをケアしたメアリ素体。ハープにならんとこ注意)

白キャラ8
4 新人ボイスアクトレス(今流行りのエンジン)
4 ドキドキ少女(青ファクター)

ブレイク18
4 ハープ奏者(対白・対青で大活躍)
4 水連の少女(壊れ補給)
2 傷有り"メアリ・スチュアート"(下段)
4 英国王女"メアリ・スチュアート"(サーチ)
4 重双血塗れ"メアリ・スチュアート"(上段)

プロジェクト10
3 運命(お散歩の水増し)
3 エクスカリバー・カリバーン(チェインバー、新人VA、PSIに効かないので3)
4 マンドラゴラ(コンセプト。超強かった)

ファスト6
3 レーヴァテイン(結果論だけど、一番いらなかった)
3 ミルトンの援護(メアリだしね)



メアリの安定感で縦を制しつつ、7枚の範囲除去をお散歩とコンボして横を制するデッキです。

>メタ
ノンパートナーではキャラを伸ばし合う(アクセス増やさないとエンドカード引けない、プロミスリングサイクルがチャージを得れないので、キャラ5体縛りなどができない)ので、お散歩従士があまり入っていないんじゃないかという読み。
その上で、シルマリルが1積みでは許されない&グリムリーパーの最大出力低下で、黄色が少ないなら、キャラへの除去スペルが飛び交う環境と予想。
なので、ノンパートナー環境では「キャラへの焼きが撃てて、かつ数で殴れるデッキ」が強い。
平たく言えば、青と黒。

で、その青と黒が強いことまでは誰でも至る結論なので、それを刈り取るテュルテサイファーが本命。

じゃあそれに強いデッキにしよう。
ということで作成したメアリ。

調整前の状態では白コンにかなり不利で、使う気が無かったんですが
以前から考えてたマンドラゴラを入れたタイプを試しに使ってみたら、マンドラゴラが強すぎて鼻血でそうになったので、ちゃんとレシピを煮詰めて採用に至りました。

実際、当日もほとんどの試合をマンドラゴラだけでなんとかしたようなものだったので、このデッキにして正解でした。

白テュルテ+ビキニが少し面倒くさいので、レーヴァテインを謁見に変えれば完璧だったなー。結果論。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。