新弾悲喜こもごも

おはようございます。
「アイコンセレクトパック」と「黎明の女神」の情報が出だしましたね。
絵柄が昔使われたやつで激おこぷんぷん丸って流れがあったようですが、そこまで目くじら立てなくなっていいんじゃないかっていうふうに思ったり(僕が絵柄に対して思い入れがないからってのもあるかもしれませんが…)。
んで、購入する魅力が大きく削がれるって意見もあったり。
アクエリは絵柄≒カードパワーぐらいに絵柄の魅力が大きなウェイトを占めてる雰囲気もありますが、「アイコンセレクトパック」「黎明の女神」は絵柄<カードパワーな優先度に(?)
これはたぶんカードパワーが高くないと売れないって思われてますよ、絵柄そっちのけにしてでも。
「約束の世界(カードパワー極大)」(リセット)「始まりの地球(カードパワー微小)」「魔力の水嶺(カードパワー小)」「冥絡の門(カードパワー大)」の売れ方で判断されているのかなとか。

新規絵柄+カードパワー大が一番いいんでしょうけど、利鞘を大きくって考えれば、再録絵柄+カードパワーが効率的でしょうね。
惑星シリーズから脱線したエキスパンションが続いてますが、元からリセットで脱線したので気にしてもしょうがないです。

「黎明の女神」で、カードパワーが跳ね上がって、それまでの惑星シリーズが事実上置いてけぼりになるんじゃないかって疑念がわくところですが、こうなったらそれはそれで「カードパワーの(適切な)上昇によって自然に旧エキスパンションが淘汰される」って証明になったらいいかなって思います(エキスパンションコンバートとか環境リセットをしきりにしなくていいって理由になりそうだから)。そも最近は(メーカーの)在庫の関係で昔のパックも買えるかどうかあやしいですしね。
カードパワーを上げていくことが売上につながるかはやや疑問な状態(カードパワーを要求されるのはトーナメントシーンが多いから)とも言えますが、「アクエリ債」だと思って買うぐらいでいいんじゃないですか(再録多いならパック単価が下がるといいですね)。
「切魔法」に垣間見える感じで、赤が派手に台頭して、(特に)青とか黒とか緑とかを駆逐するようになればメタゲームが流転してパックも動くんじゃないかなと楽観的に。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する