スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本土防衛用術式剣 王賜剣二型」って「ブリティッシュストーム」とか「U.Kストーム」とか言ったら厨二っぼくてよくない?

だって、オラは横文字好きだから…(田舎物)。
問題点としては、このcoolドライブ(笑)なあだ名を能動的に使う機会がなさそうな所でしょうか。

さて、本題(?)。
パートナーシステムにより、“フォルナ・アンタレス”“ラーズグリーズ”“アイアコス”など火力や妨害テキストを内蔵したネームブレイクを安定して概ね3ターン目ぐらいに早いターンに抽出できるようになったため、ネーム以外のところの最序盤の立ち上がりを安定させる必要が出てきたのかなぁと。
いわゆるフェッチパーマネントもないので、キャラクターや軽量を積み増して確率にものをいわせるような感じになってきて、相手を与するために仕掛けるターンも自然と前のめりになってくるような?

何が言いたいかといえば、パートナー置き場の嫁を眺める余裕なんて誰かが早く動きだしたら1ミリもなくなっちゃうんじゃないのかなとか。
デッキの自由度を高めるはずのルールでかえって自由度が下がってるんじゃとか。
まぁそのうち“フォルナ・アンタレス”みたいに、パートナー置き場制限がバシバシ整備されたりするのかなぁと。…整備されても早くなったゲームスピード自体は落ち着くことってあまりない気がしますけどね。
相手もまったりする感じならいいですけど、それこそパートナー以外でも「ヴァルキリージャベリン」「二学期デビュー」「セックスってなぁに?」とかの序盤から効力を発揮するカードがカチ盛りされてるんじゃ…。
ルール整備って難しいですね

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。