「思えば遠くまで来たもんだ。」

久しぶりのイベントですね、月曜担当のWISPです。


まれかつカップに参加してきたのでその顛末。



・事前
ホライゾンは強いカードが少ないので、構築を縛られる武蔵や英国デッキは早々と諦め。
強いかどうかは別で、最新弾のカードは一定数いるはずなので、冥界キャラビを作成。
良い感じに仕上がったところで、ストレージを見るとサイン入りのレッドジュエル。

……いつ使うの?今でしょ。


ってわけで黄色作成。
使う予定の消えた緑は、げそぴーさんに託しました。
それがまさかあんなことになるとは……w



中井まれかつカップ(参加者100人ジャスト?)
使用デッキ:黄単フォルナ

1回戦:武蔵 先攻 ○
相手のパートナーはRPFのネイト・ミトツダイラ。
先攻3ターン目に33点放りこんで勝ち。
周りからの「アチャー」って目線が気持ちいいね。

2回戦:武蔵(緋村君) 後攻 ○
相手のパートナーは艦長武蔵。
ガッデムwwwなんでここにきて抜刀神が相手やねんww
艦長武蔵だされたり、極秘プロジェクトされたりでちょっともつれ込む。
ブリスタ2枚撃たれて殴られたけど、相手が軽量引かなかったのもあって、そんなにタレントアタッカーがいない。
死なない程度に通してチャンプして、レッドジュエル着地からぶっこ抜いて勝ち。

3回戦:武蔵(リンさん) 後攻 ○
相手のパートナーは艦長武蔵。
さっさと武蔵出されてるので、フォルナのCIP火力で青の精神0を焼く始末。
22点放りこんで勝ち。

4回戦:ファレル(優勝者) 先攻 ×
相手のパートナーはアルウィーンの上段。
先攻取ったら、相手が2ターン目に上段まで行ったぜ\(^o^)/
それでも、相手は無理して2ターンアルウィーンしたのでまだ補給が薄め(3ドロー2チャージしかない)で、軽量がホライゾンなので物理打点。
しかも、ノーハンドなので、返しにレッドジュエルにパワー6枚差せばいいな、とか考えて。
それならクアトロクロスもケアできてるので、サンタではなくレッドジュエルにしてからフルパワーでターン回したら。
相手がノーハンドから、3ドローで死の刻印をピンポイントにツモって死亡。

ままならねーな、アクエリは。
まるで週刊連載だぜ。



改めて見ると、内容の薄いレポだな、これ。

シングルエリミネーションなので、ここでまれかつ杯は終了。
残った人を応援しながら、知り合いに挨拶して過ごしましたとさ。

イベントのことはこんな感じで。
レシピとかは需要もなさそうだし省きます。

追記からは、1万ヒットもいったしちょっとした思い出話でも。

 
 

自分がアクエリを触り始めたのって、確か08年の2月あたりなんですが。
友人に誘われて、当時最新弾だった、遺伝子の力を買って。
最初に作ったデッキは、アムビエル2段にタッチ青で契約を積んだ変態デッキw

アクエリを始めて2週間、連戦連敗の日々が続くある日、バーニアエキスパンションの隠者の森が発売し。





……俺をアクエリに誘ってくれた人たちは、全員引退しましたwwwwwwwwwwwwwwww
ガッデムwwwwwwwwwwwww
プレイヤーが隠者になってどうすんねんw


どうにか対戦相手を探そうとしてネットを巡回、最寄りの公認大会の存在を知って、一人で突撃。
当然ながら、公認でも負け続けで。(基本全敗)


平日公認で始めて優勝するまで、アクエリ始めてから半年以上かかってたような……w
隠しきれない才能の無さw
初優勝の時に、身内以外の人から、おめでとうございますって言ってもらえたのが凄い嬉しかった。


そこから、蓬莱事件や店舗予選などで、知り合いが急に増えて。

翌年、夏。
大阪の知り合い(れぇなっち)がCC行きを決めたと聞いて、一気にモチベ上昇。
当時貧乏学生の身でありながら、なんとか費用を捻出して、大阪までブーンしました。

実はこの大阪行きが、とても大きな転機で。

大阪で起こったこと
・公式戦初入賞、CC権利獲得
・いぬもさんとエンカウント
・ハヴやんとエンカウント
・くうふくさんとエンカウント
・てふGさんに顔を認識される←
・おとやんさんとエンカウント
・めがねんさんとエンカウント

大阪に行ってなかったら、今の俺はなかった言っても過言ではないw
決勝トーナメント直前に、ハヴやんに言われたセリフは、今も忘れてないぜw
そんなこんなで、アクエリ始めてから1年ちょっとかかりましたが、CCに行かせてもらいました。
……表彰式の時の「誰あいつ?」って空気がw


そんな大阪旅行ののち
なんやかやあって、今に至るわけですが。

思えば遠くまで来たもんだ。

初心者時代、こんな感じで歩いてきた月曜担当でした。
(思ってたより長くなったうえにダレてきたので、この辺りで適当に〆。)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する