ジャッジ試験の問題と解答

みなさんこんにちわー
AAA水曜担当のくうふくですよ。

先週ジャッジ試験の問題云々に触れてみたところ、別に載せてもいいんじじゃね?って何処かの誰かに言われたので、今週は載せてみちゃいますね。

ここ違うんじゃね?ってところがあったら指摘してもらえると、いろいろ盛り上がって(?)うれしい感じです。
逆に「オレここ悩んだんだけど、なんでこういう回答にしたの?」ってところがあったりしたら、できる限り回答しますよ!



そんなかんじでいってみよー




◆問Ⅰ.次の設問について正しいものを1つ選んで答えなさい。

●設問1:レジストWIZ-DOMのスキルについて正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.WIZ-DOMのキャラクターとのバトルによるダメージを受けない。
b.WIZ-DOMのキャラクターのアビリティによって与えられるダメージを受けない。
c.WIZ-DOMのキャラクターの持つエフェクトによって与えられる精神ダメージを受けない。
d.WIZ-DOMのプロジェクトカードの効果を受けない。

回答:a


●設問2:デュアルについて正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.同じネームを持つ、同じ名称のカードに対してデュアルの効果を使用してブレイクカードをセット宣言した。
b.同じネームを持つ、異なる名称のカードに対してデュアルの効果を使用してブレイクカードをセット宣言した。
c.デュアルの効果でファストカードのタイミングでブレイクカードのセット宣言を行い、宣言が解決されるまでにデュアルを無効化されたので、セットできず捨て札した。
この時、セット宣言したブレイクカードの必要ファクターは満たしているものとする。
d.デュアルの効果を使用して、ファストカードのタイミングでブレイクカードの必要ファクターとコストを無視してセット宣言した。

回答:b


●設問3:「ウェイトレス」のアタック宣言に対して「羅盤師」がガード宣言し、レスポンスでシンクロとブレイクスルーを持つキャラクターがシンクロによるアタック宣言を行った。
この際の処理ついて正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.ガード宣言していたキャラクターがブレイクしていないキャラクターだったので、シンクロによるアタック宣言が無効化される。
b.ガード宣言していたキャラクターがブレイクしていないキャラクターだったので、ブレイクスルーによってガードが成立せず、プレイヤーにアタックする。
    c.シンクロの効果でスキルと攻撃力を合計してバトルを行う。
    d.アタック宣言している「ウェイトレス」がスキルを持つため、シンクロによるアタック宣言は行うことができない。

回答:c


●設問4:支配エリアにパワーカードが1枚存在するプレイヤーが使用したプロジェクトカードを目標に、
「中臣祓詞」の効果『目標の≪プロジェクトカードまたはファストカード1枚≫のオーナーは追加の2コストを支払う。支払うことができなかった場合、目標を捨て札する。』を
使用する際の処理について、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.目標のオーナーの支配エリアから追加の2コストが支払えず、目標を捨て札した。
b.目標のオーナーの支配エリアから追加の1コストを支払い、目標を捨て札した。
c.目標のオーナーの支配エリアから追加の1コストを支払い、目標が効果を発揮した。
d.支配エリアのパワーカードが1枚以下のプレイヤーが使用したプロジェクトカードを目標に、「中臣祓詞」を使用宣言することはできない。

回答:a


●設問5:「幽体剥離」の効果『ターン終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫は本来の攻撃力を失い、(X)を得る。Xは目標のパワーに等しい。』を受けたパワー3のキャラクターが、
イニシアチブを持つ(1)のキャラクターとバトルしました。この際、「幽体剥離」の効果を受けたキャラクターがバトルによって与えるダメージはいくつになるか、
正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.(3)ダメージ
b.(2)ダメージ
c.(1)ダメージ
d.(0)ダメージ

回答:b


●設問6:「神奈備守“龍神丸”」のアビリティ『このキャラクターのパワーが5以上の場合、≪このキャラクター≫は+X/+X/+Xされる。Xはあなたのダメージ置き場に置かれているネームを持つカードの枚数に等しい。』について、
間違っているものを1つ選びなさい。

選択肢:a.「神奈備守“龍神丸”」のパワーが5の状態で、ダメージ置き場のネームを持つカードの枚数が1枚に増えた場合、+1/+1/+1される。
b.ダメージ置き場のネームを持つカードの枚数が5枚の状態で、「神奈備守“龍神丸”」のパワーが5に増えた場合、+5/+5/+5される。
c.ダメージ置き場のネームを持つカードの枚数が5枚の状態で、「神奈備守“龍神丸”」のパワーが5から4になった場合、能力値は上昇しない。
d.ダメージ置き場のネームを持つカードの枚数が1枚の状態で、パワーカードフェイズ中に「神奈備守“龍神丸”」のパワーが5になったが、パワーカードフェイズ終了時まで能力値は上昇しない。

回答:d


●設問7:「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」をセットし、そのターン中にさらに「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」を重ねてセットしました。
Xが2の場合、「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」のアビリティ『このカードがセットされた場合、ターン終了時まで、≪キャラクターX体≫はファクター全てを失う。Xはあなたの支配エリアのWIZ-DOMの分類・イレイザーのネームレベルキャラクターの数に等しい。』について正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.2枚の「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」のアビリティにより、合計4体のキャラクターがファクターを失う。
b.2枚目の「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」で1枚目の「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」のアビリティの効果が上書きされ、合計2体のキャラクターがファクターを失う。
c.1枚目の「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」のアビリティが効果を発揮しているので、2枚目の「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」のアビリティは効果を発揮しない。
d.「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」が2枚セットされたので、合計2体のキャラクターが次のターンの終了時までファクターを失う。

回答:b


●設問8:あなたの支配エリアに「ヴァルキリー“ランドグリーズ”」と「ヴァルキリー“スルーズ”」がいる状態で、「ヴァルキリージャベリン」を使用しました。
この際、「ヴァルキリージャベリン」の効果『目標の≪キャラクター1人≫に1+Xダメージを与える。Xはあなたの支配エリアのカード名称に「ヴァルキリー」を含むネームレベルキャラクター全ての攻撃力の数値の合計に等しい。』で目標に与えるダメージについて正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.6と(3)ダメージ
b.1と(3)と5ダメージ
c.(9)ダメージ
d.9ダメージ

回答:d


●設問9:「カレイドスコープ」の効果『メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫は、このカードが効果を発揮した際に持つスキル全てを3つずつ得る。』の処理について、
正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.「カレイドスコープ」の効果を受けているキャラクターを目標に「ソニックブレード」を使用し、ブレイクスルーのスキルを合計4つ得た。
b.「ステルスコート」がセットされているキャラクターに「カレイドスコープ」を使用し、その後「ステルスコート」が捨て札されたので、「カレイドスコープ」は効果を失った。
c.スキルを持つキャラクターに「カレイドスコープ」を使用し、その後スキルを持たないブレイクカードでブレイクされたので、「カレイドスコープ」は効果を失った。
d.スキルが無効化されているキャラクターに「カレイドスコープ」を使用し、無効化されているスキルを3つ得た。

回答:d


●設問10:「冥界三巨頭“ラダマンティス”」のアビリティ『あなたが冥冥冥を満たしている場合、≪このキャラクター≫はバインド1を得、あなたがドローする際、≪あなた≫は、ドローする枚数を-X枚し、あなたのダメージ置き場のカードX枚を手札に戻す。Xはあなたがドローする枚数が上限の、任意の数に等しい。』の処理について、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.ダメージ置き場が1枚、ドローする枚数が3枚の状態でXの指定を3にした。
b.ダメージ置き場が9枚、ドローする枚数が5枚の状態でXの指定を3にした。
c.ダメージ置き場が5枚、ドローする枚数が1枚の状態でXの指定を3にした。
d.ダメージ置き場が0枚、ドローする枚数が10枚の状態でXの指定を10にした。

回答:b


●設問11:「シャーマニックレディ“ニッサ・ルィ・ウェズン”」のアビリティ『≪アタック宣言したキャラクターのオーナー≫は、自分のデッキの上からカードを2枚捨て札する。』『≪ブレイクカードをセット宣言したプレイヤー≫は、自分のデッキの上からカードを2枚捨て札する。』について、間違っているものを1つ選びなさい。

選択肢:a.勢力フェイズにアクティブキャラクターがアタック宣言したので、そのキャラクターのオーナーのデッキを2枚捨て札した。
b.支配キャラクターがキャラクターを目標にアタック宣言したので、そのキャラクターのオーナーのデッキを2枚捨て札した。
c.「と金」の効果でブレイクカードがセット宣言されたので、そのカードのオーナーのデッキを2枚捨て札した。
d.「サモンプリンセス“プリシラ・サダクビア”」のエフェクトでブレイクカードが支配キャラクターとしてセットされたので、そのカードのオーナーのデッキを2枚捨て札した。

回答: d


●設問12:「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」からのみコストを支払って使用された「ディープ・ドーン」の効果『≪あなたのデッキ≫から、ブレイク条件のないブレイクカード1枚を選び、あなたの支配キャラクターとしてセットする。
    このカードのコストが“ラウザ・ディーテアリア”からのみ支払われている場合、代わりに、目標の≪ゲーム外にあるブレイク条件のないブレイクカード1枚≫を、あなたの支配キャラクターとしてセットする。
    そうした場合、あなたのデッキの一番上のカード1枚をゲームから除外する。』によってあなたの支配キャラクターとしてセットできるカードを1つ選びなさい。

選択肢: a.ゲーム外にある、既に場に存在するネームを持つ、ブレイク条件を持たないブレイクカード
b.ゲーム外にある、既にデッキに4枚使用されている、ブレイク条件を持たないブレイクカード
c.ゲーム外にある、デッキに1枚も使用されていない、ブレイク条件を持たないブレイクカード
d.デッキの中にある、ブレイク条件を持たないブレイクカード

回答:c


●設問13:「ウィップソード」のアビリティ『このキャラクターがバトルする際、≪このキャラクター≫の精神力、通常攻撃力、耐久力のいずれか1つに+2して判定する。』の、
    +2する能力値を決定するタイミングについて、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.アタック宣言した際
b.アタック宣言し、ガード宣言された際
c.バトル開始時
d.「ウィップソード」をセットした際

回答:c


●設問14:「ベロボーグ“ソーンツェ”」のエフェクト『2:ターン終了時まで、≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言したキャラクター≫の耐久力に-3する。』の処理について、
正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.耐久力3のキャラクターがガード宣言し、耐久力が0になり捨て札され、「ベロボーグ“ソーンツェ”」がプレイヤーにアタックした。
b.耐久力3のキャラクターがガード宣言し、耐久力が0になり捨て札されるがガードは成立した。
c.耐久力5のキャラクターがガード宣言し、耐久力が2になったが、バトルの際は耐久力5で判定した。
d.このターン中に「ベロボーグ“ソーンツェ”」のエフェクトを1回受けているキャラクターがガード宣言したが、既に効果を受けているため2回目は効果を受けなかった。

回答:a


●設問15:「メタモル“ネモノワ”サンバースト」をセット宣言する際の処理について正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.精神力0、パワー0のネーム・分類が異なるキャラクターをブレイクした。
b.パワーが精神力に等しい、ネーム・分類が異なるキャラクターを目標にセット宣言し、解決される前にパワーが精神力未満になったが「メタモル“ネモノワ”サンバースト」をセットした。
c.パワーが精神力に等しくない、ネーム・分類が異なるキャラクターを目標にセット宣言し、解決される前にパワーが精神力に等しい状態になったので「メタモル“ネモノワ”サンバースト」をセットした。
d.対戦相手のテリトリーのパワーカードがセットされている、パワーが精神力に等しくない「メタモル“ネモノワ”サンバースト」をブレイクした。

回答:a


●設問16:「金の針」の効果で捨て札できるカードを1つ選びなさい。

選択肢:a.使用宣言中の「智拳印」
b.効果を発揮している「リャナンシーの溺愛」
c.使用宣言中の「ディープ・インパクト」
d.効果を発揮している「G線上のアリア」

回答:b


●設問17:メインフェイズ終了時に、「見習い宇宙海賊」が自身のアビリティによって捨て札される手順を1つ選びなさい。

選択肢:a.このターンの勢力フェイズ中にあなたにアタック宣言したキャラクターを「見習い宇宙海賊」でブレイクした。
b.このターン中にアタック宣言を行った支配キャラクターを「見習い宇宙海賊」でブレイクした。
c.「見習い宇宙海賊」にブレイクした後、勢力エリアのアクティブキャラクターに対してアタック宣言した。
d.「ディープ・ドーン」の効果で「見習い宇宙海賊」が支配キャラクターとしてセットされた。


回答:d


●設問18:「R.I.P.“エルナ・リーブリング”」のアビリティで手札に戻せるカードについて、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.使用宣言中のプロジェクトカード
b.ダメージ置き場のプロジェクトカード
c.捨て札置き場のファストカード
d.効果発揮中のファストカード

回答:a


●設問19:「パワーアップキット」について、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.セットされていたパーマネントカードが捨て札された場合、「パワーアップキット」はそのパーマネントカードがセットされていたキャラクターにセットされる。
b.同じパーマネントカードに「パワーアップキット」を複数枚セットできる。
c.「パワーアップキット」に「パワーアップキット」をセットした場合、キャラクターが得る修正値は「パワーアップキット」2枚分である。
d.キャラクターにパーマネントカードをセットする効果で「パワーアップキット」をキャラクターにセットできる。

回答:b


●設問20:「デイジーワールド」を使用した際、二番目に多く支配している勢力がE.G.O.と阿羅耶識で同数だった場合の処理について、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢:a.E.G.O.のキャラクターカードを1枚選び、支配キャラクターとしてセットする。
b.E.G.O.と阿羅耶識の勢力のキャラクターカードを1枚ずつ選び、支配キャラクターとしてセットする。
c.E.G.O.か阿羅耶識どちらかの勢力のキャラクターカード1枚を選び、支配キャラクターとしてセットする。
d.デッキからキャラクターカードを選び支配キャラクターとしてセットすることはできない。

回答:c


◆問Ⅱ.次の設問について正しいものを全て答えなさい。

●設問1:「春一番」の効果『目標の≪キャラクター1人にセットされているカード1枚≫を、そのオーナーの手札に戻す。』で手札に戻せるカードを全て選びなさい。

選択肢:a.キャラクターを構成しているブレイクカード
b.キャラクターにセットされているパーマネントカード
c.キャラクターを対象に効果を発揮しているプロジェクトカード
d.キャラクターにセットされているパワーカード

回答:bd


●設問2:「ミラーヴィジョン」の効果『ターン終了時まで、目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫がバトルする際、バトル相手のキャラクターに2回同時にダメージを与える。』を受けている「ディーラー」がバトルする際の処理について、正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.バトル相手のパワーが3だったので、(2)ダメージを2回受け、バトル相手は捨て札される。
b.バトル相手のパワーが3だったので、バトル相手は捨て札されず、バトル相手にセットされているパワーカード4枚まで可能な限り捨て札する。
c.バトル相手のパワーが2だったので、(2)ダメージを2回受け、バトル相手は捨て札される。
d.バトル相手のパワーが2だったので、バトル相手は捨て札されず、バトル相手にセットされているパワーカードを2枚捨て札する。

回答:bd


●設問3:対戦相手のダメージ置き場にカードが5枚以上置かれており、冥を満たしていない状態での「冥界三巨頭“アイアコス”」のアビリティ『あなたのダメージ置き場の枚数が9枚以上の場合、≪冥を満たしていないプレイヤー≫のダメージ置き場の枚数による敗北条件に-5枚する。』について、正しい処理をすべて選びなさい。

選択肢:a.あなたのダメージ判定中にダメージ置き場にカードが9枚置かれ、「冥界三巨頭“アイアコス”」のアビリティによって対戦相手を敗北させた。
b.あなたのダメージ判定中にダメージ置き場にカードが9枚置かれたが、ダメージ判定中にアビリティは効果を発揮しないのでダメージ判定を続行した。
c.あなたのダメージ置き場にカードが7枚置かれている状態で、「冥界三巨頭“アイアコス”」のエフェクトを使用し、処理の途中でダメージ置き場のカードが9枚になったので「冥界三巨頭“アイアコス”」のアビリティによって対戦相手を敗北させた。
d.あなたのダメージ置き場にカードが6枚置かれている状態で、「冥界三巨頭“アイアコス”」のエフェクトを使用し、処理の途中でダメージ置き場のカードが9枚になったので「冥界三巨頭“アイアコス”」のアビリティによって対戦相手を敗北させた。

回答:ad


●設問4:「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」のアビリティ『このキャラクターがシンクロによるアタック宣言またはガード宣言を行っている場合、≪このキャラクター≫はバトルによるダメージを受けない。』について、正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」がシンクロによるアタック宣言を行い、その後、シンクロを無効化されたので、バトルによるダメージを受ける。
b.「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」がシンクロによるガード宣言を行い、その後、シンクロを無効化されたので、バトルによるダメージを受けない。
c.「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」がアタック宣言を行い、他のキャラクターがシンクロによるアタック宣言を行ったので、バトルによるダメージを受けない。
d.「冥王星戦士“ラウザ・ディーテアリア”」がガード宣言を行い、同時に他のキャラクターがシンクロによるガード宣言を行ったが、バトルによるダメージは受ける。

回答:b


●設問5:「ヴィーナス・アイドル“愛沢 茉依”」の持つ『サーチ(“愛沢 茉依”、「Love goes on」)』の処理について、正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.自分のメインフェイズ開始時にこのカードを捨て札し、デッキから“愛沢 茉依”を持つカードを1枚手札に加えた。
b.自分のメインフェイズ開始時にこのカードを捨て札し、デッキから“愛沢 茉依”を持つカードと「Love goes on」を1枚ずつ手札に加えた。
c.自分のメインフェイズ開始時にこのカードを捨て札し、デッキから「Love goes on」を1枚手札に加えた。
d.対戦相手のメインフェイズ開始時にこのカードを捨て札し、デッキから「Love goes on」を1枚手札に加えた。

回答:ac


●設問6:「ザイン・デモン」のカードテキスト『≪捨て札されるこのカード≫は手札に戻る。』について正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.ダメージ置き場から「ザイン・デモン」が捨て札されたので、手札に戻した。
b.手札から「ザイン・デモン」が捨て札されたので、手札に戻した。
c.デッキから「ザイン・デモン」が捨て札されたので、手札に戻した。
d.「ザイン・デモン」がセットされているキャラクターが捨て札されたので、「ザイン・デモン」を手札に戻した。

回答:d


●設問7:「女神のマルシェ」の効果で指定できるカードを全て選びなさい。

選択肢:a.ダメージ置き場にあるブレイクカード
b.場にあるパーマネントカード
c.効果発揮中の効果時間が持続のプロジェクトカード
d.捨て札置き場にあるファストカード

回答: abc


●設問8:「ルビーファイター“フォルナ・アンタレス”」のアビリティ『≪このカード≫は“フォルナ・スウェーデンボルグ”としても扱う。』について正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.“フォルナ・スウェーデンボルグ”と同時に場に存在できない。
b.サーチ(“フォルナ・スウェーデンボルグ”)の効果で「ルビーファイター“フォルナ・アンタレス”」を手札に加えた。
c.“フォルナ・スウェーデンボルグ”を「ルビーファイター“フォルナ・アンタレス”」でブレイクした。
d.「ルビーファイター“フォルナ・アンタレス”」に「ルビーストライク」を使用し、『目標が“フォルナ・スウェーデンボルグ”の場合、バトルの際、目標のバトル相手の持つバインドXのスキル全てを無効化し、目標はイニシアチブを得る。』の効果を得た。

回答:abcd


●設問9:「スーパーローテーション」でフェイズの順番を入れ替えた際の処理について、正しいものを全て選びなさい。

選択肢:a.メインフェイズ終了時まで持続する効果をメインフェイズが終わった後に使用した場合、次のターンのメインフェイズ終了時まで効果が持続する。
b.メインフェイズ終了時まで持続する効果をメインフェイズが終わった後に使用した場合、そのターンの終了時まで効果が持続する。
c.ドローフェイズ、メインフェイズの順番でフェイズを行う際、メインフェイズ開始にレスポンスをしてカードを使用宣言した。
d.メインフェイズ、ディスカードフェイズの順番でフェイズを行う際、メインフェイズ終了時にレスポンスをしてカードを使用宣言した。

回答:bd


●設問10:「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」のアビリティ『≪“葵・トーリ”と同じエリアにいるこのキャラクター≫はバインド2を得る。』によって、
    「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」がバインド2を得ることができる状況を全て選びなさい。

選択肢: a.“葵・トーリ”と「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」があなたの支配エリアにいる場合
b.“葵・トーリ”があなたの勢力エリアに、「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」があなたの支配エリアにいる場合
c.“葵・トーリ”が対戦相手の支配エリアに、「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」があなたの支配エリアにいる場合
d.“葵・トーリ”があなたの勢力エリアのE.G.O.の勢力パーティに、「騎士“ネイト・ミトツダイラ”」があなたの勢力エリアのWIZ-DOMの勢力パーティにいる場合

回答:ad


◆問Ⅲ.あなたがジャッジとして参加している大会で、以下の設問の事態が起き、あなたが呼ばれました。
   その際のあなたのとる行動・裁定を、理由と共に答えなさい。また、状況により異なる答えがある場合は、その全てを書きなさい。

●設問1:あるプレイヤーがその大会のレギュレーションで使用できないカードを使用しており、その対戦を観戦していた観戦者が気付き、ジャッジに報告をした。

回答:
公式大会やその予選大会の場合、発覚した時点で失格とします。
公認大会等規模の小さい大会の場合、すべての参加者に了解が得られたなら、その対戦とそれ以前の対戦結果を没収し、使用できないカードをすべてデッキから抜く等の処理をして、大会参加を継続させます。一人でも了解が得られなかった場合は失格とします。

●設問2:あるプレイヤーから対戦相手のゲーム開始時の手札が多いと指摘があった。

回答:
序盤で盤面からゲーム開始時の手札枚数が逆算可能な状況なら計算します。
問題なかった場合はそのまま試合を続けてもらいます。問題があった場合には、初手枚数は序盤の支配できるキャラクター数が変わる等、以後の試合運びに大きく影響するため、影響の大きさに応じて判断し対応します。
序盤以降手札の逆算が困難な場合は、以後より序盤での指摘を推奨して、試合を続行してもらいます。

●設問3:大会中にあなたの目に入った試合で、あるプレイヤーが「カロン」を支配している状態で、
    対戦相手の「冥界三巨頭“アイアコス”」のアビリティにより敗北条件を-5されて敗北条件を満たし、ゲームを終了していた。

回答:
ゲームが終了した直後(カードの片づけを開始していない状態)なら、試合を再開してもらいます。
それ以降、非公開情報が公開されている、場のカードを片づけはじめていて修復が困難等の状況であれば、処理が間違っていた旨だけを伝え、試合結果はそのまま提出させます。




こんな感じで回答しましたー
個人的には特に悩む問題はなかったと記憶しています。
まー問Ⅲは人によって回答かなりばらけると思いますが。

そんなこんなで今週もターンエンド。



コメント

  • 2013/04/11 (Thu) 17:04
    先行紹介()

    騎士“ネイト・ミトツダイラ”というカードが試験時には存在してなかったという噂を聞きました(何

    八天 #9g/d9FRI | URL | 編集
  • 2013/04/13 (Sat) 02:37
    No title

    >八天さん
    なかったですねww
    問題文にテキスト書いてなかったら危なかったです←

    くうふく #4uAjNfEA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する