スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度カードパワーを上げたら上げ続けるしかない。

こんばんは、あんまりアクエリ関係ないかもな話。
サブタイに書いた通り、カードゲームはカードパワーが上昇し続けるものです。
これは最新弾が前の弾より魅力的でないと最新弾に移行してくれないからです。
版権物でない場合いちばんわかりやすい魅力→カードパワーなわけですね。メインビジュアルだけではまだ完全とは言えませんかね。

このカードパワー上昇速度の加減がすごく難しいですね(汗)。

早すぎても遅すぎてもダメですね。早すぎると前の弾の否定になって不信を買いやすく、遅すぎると飽きやすいです。

現況はどうでしょうか。
最初「始まりの地球」でがくっっっと下がったカードパワーに『あぁ…これはゆっくりカードパワーが上がっていくのかな』と思いましたが、「冥絡の門」でそれは思い違いだったと。続く「金色の閃姫」で準エクストリームぐらいなカードパワーになりました。
その間にエキストラパックが出てましたが、スパンが短すぎて本来買ってくれる人もスルーしてしまったり、買った人は買った人で使いづらさでがっくりくるなど総じてちょっとがっかりな感じに。

さて、長い長い間を置いて「境界線上のホライゾンⅡ」が出ますが、これ単体で既存のカード全体より強いですね。今までのエキストラシリーズはなんだったのかという仕上がりに。
今までのエキストラパックが弱すぎたというのを差し引いても急激な強化です。
僕はこの版権がどのぐらい人気があるかは知りませんが、タイミングやらなんやらがいちいち裏目になってるような気がします。
正直飽きるぐらいに同じ環境でいて、新弾出た途端にせっかく培ったノウハウが役に立たなくなるのはちょっと悲しいものがありますね。
あと収録されなそうな色(うしろ3色)がすごい勢いで置いてけぼりになる感じがします。
新規ユーザーを獲得したいのか既存ユーザーを大事にしたいのかは本当にはっきりしたほうがいいと思いますよ(たぶん販売側と開発側の意識のズレがあるんじゃないかなぁとか妄想…。販売側は新規取りたい系な挙動。開発側は既存囲いたい系な雰囲気)。
焼畑農業していいゲームではないので、信用を落とさないように立ち振る舞うのが大切かなぁと。

まぁ、代替手段も思いつかない信用が1ミリもないやつの妄言ですがね!
「境界線上のホライゾンⅡエイジ」売れるといいですね

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。