CC2012のこと 二回目

WISPのあんちゃんの記事にも載ってますけど。
AAA総当たりは全敗でしたwww
ども、ハヴです。


さてさて、今日は先週言ったようにCC日記第二回です。


○最後のあがき
CC参加者の皆さんとの会食が終わったあと、ホテルの部屋のカギをなくしたりAAA総当たり(で全敗)したりしながら翌日の決勝ラウンドのデッキをどうするかな、と。
エフマスさん(電話)、あっとけいの兄者、おとやん先生、てふGさん、mei.Aさん、WISPのあんちゃん という豪華なメンツに知恵を借りてウンウン唸りながらエクストリームは割と早々にリアライザー続投で決定。
というのも頭がしっかりリアライザー色になっているので他の白を使うと劣化になりうる可能性があるのと、明日の初戦のめがねんさんが一日目と同じデッキ(青黒エイミー)を使ってきたら何使っても大差が産まれないと判断。ならまぁ経験値かなーみたいな。

残るギャラクシーで候補は青単ヴァルキリー(剥離ガン積み)と黒単の二択。
AAA総当たりで使ってみた青単が奮わなかったのもあって青は体裁整える程度にして黒を詰める方向に。
ここであっとけいさんのデッキを見つつ、WISPさんに意見をもらって「殴って勝つ」デッキで二戦を走りきろうと決めました。
今日オフィシャルにデッキレシピ掲載されてたので興味ある方はそちらへどーぞー。

ということで3時くらい?にデッキレシピ書き終えて就寝フェイズ。
部屋に来てくれた皆さん本当にありがとうでした!

○直前
ってことで明けて日曜。
まずはSHT見てテンションあげとく。
その後軽く入浴してWISPさんのぽんこつパニックと対戦してみたりして朝食の流れ。
会場ついていろんな人に挨拶したりされたり。


そんなんでいざ決勝ラウンド。
続きからどうぞ。





準決勝一本目:めがねんさん、緑黒蜂蜜フランベルジュ
おそらく後攻?
相手が緑で相性的にはまぁまぁかなーと思っていたら2ターン目の▼からダメージへと落ちるフランベルジュ。見た瞬間にスイッチが入ったのがわかりました。
悠長なことが言ってられないデッキが相手なのでただでさえ殴ることしか出来ないデッキでさらに前のめりプレイ。
相手がドローキャラにフランベルジュをセットしてからは、このあと何をしてくるかを考えることを放棄して誰がどのタイミングで殴れば一番美味いかだけを優先して盤面を構築していくことに。
途中、ヴァイタルや蜂蜜が飛んできて本体空けざるを得ない盤面が幾度もおとずれるも、フランベルジュ以降相手のサイズが上がらないのでィミを出して強攻策へ。
緊急発進ある分、こちらの方が無理に殴れたりで最終的にはめがねんさんがダメージ8の時に▼2点が的確にダメージカードでゲームセット。
辛勝も辛勝だった。

準決勝二本目:白単コントロール
一本目の敗者が先攻後攻を決めれる系。ので自分は後攻。
1ターン目、相手が支配したのがミスコン少女、学生破戒僧、動く石像。所謂事故。
対してこちらは学園祭メイドスタート。
返しの相手ターン、編入生を支配しようとしたのでそれに向かってキネシュ。これで相手の動きが止まる。
完全にこちらの流れになったので落とさないように慎重にゲームしていくことに。
具体的には相手が学園祭メイドを支配した返しに天才プログラマーからのプログレッシブで焼いてみたりの残虐ファイト。
そんなんでペース差開ききったところでリアライザー+ドラゴンライナー成立。
相手は返しに勢力キャラを向日葵でブレイクしてきたのでレスマシンドルフィンで横取りしてフィズらせる。
あとはドラゴンライナーのブレイクスルーが止まらない感じでゲームセット。
ここで二本を先取したので決勝進出が決定。



日本一まであと一つか…と思うと緊張感三倍増しくらい。
そんなんで俺試合できんのかな…とかなコンディションになってましたが、三位決定戦を観戦してるうちになんとか持ち直してくる。めがねんさんは偉大。(何



決勝戦一本目:勇気さん、緑赤冥界蜂蜜
先攻
割と序盤に蜂蜜飛んできたりで四苦八苦。
お互いのキャラが少ないうちにビートする頭にして攻め込みに。緊急発進2枚使ったりして勢い任せな感じ。
その後は二人とも支配→殴るみたいな物理アンエイジするも、完全にこっちが不利なパターン。
こちらに出来ることはあえて場にパワーを5枚にして相手にターンを渡すことで「パニがないこと」を場によって告白して相手の勢いが納まる可能性に賭ける程度。
ラダマンティスが立ってしまったのでその返しにステルスコートを引かないと負け確実…引かずでラダマンティスを倒しにいけるキャラがおらず、そのまま敗北。

決勝戦二本目:緑単アシュレイアルカード
先攻
学園祭にプログレッシブを埋めてスタートしてみたら相手の色が緑。
キネシュが効きにくい色なんでどうすっかな的な。更に予知エルフも出てきてうーむ。
3ターン目まで有効牌を引かなかったので痺れを切らせて、
2コスト二学期デビュー対象予知エルフ、マシンアイコン→そこにプログレッシブブレイク→ブレイブハート対象捨て札のプログレッシブ→プログレッシブアタック宣言。
オフェンシブからリアライザー戻ってホッとしたら相手のダメージ判定からブラークが…
しかし攻めも守りも頼りになるプログレッシブがいるとポジティブシンキング。
返しの相手でアルカードが出て、2体いるうち1体のプログレッシブが捨て札になり、相手はそのまま殴ってくる。
嫌な予感はするも残ったプログレッシブでガードしてみるとミッドナイトプレジャー。OH…
返し、サーチでデッキ圧縮して気持ち二学期デビューを引きやすくしようみたいな。
パワーの関係で一段を出してターンを終えると相手の場にはアシュレイが…。
さっき無駄にサーチしたせいで枚数がシビアなことからリアライザーの成立は無理と判断して、アシュレイのエフェクトを誘ってデッキアウト勝ちを狙うことに。
その後はブラーク付きをプログレッシブや転入生でなんとか被害を最小限に抑えて、蒔苗をエサにしてアシュレイを誘うプレイ。
最終的には事実上のラストドローで引いたドラゴンライナーを相手のアシュレイアタック宣言に合わせてブレイクしてアシュレイは落とすも、そこにあったブラークを止められる要員がおらずデッキアウト。


これで相手がストレート勝ちで決勝戦終了。
三本目があればおそらく迷わずエクストリームを選択してただろうなーとか思いながら表彰式までいろんな方に挨拶しにいったり、対戦してもらったり。
表彰式では勇気さんを全身全霊でハグしてみたり、よくわからんコメントしてみたりしてました。
で、席に戻ったら終わったんだなーとおもってしみじみ。


惜しくも?日本一には届きませんでしたが、決勝ラウンドで戦えたのは間違いなく協力してくれた皆のおかげだなーと思います。
とりあえず5月までは今の環境ですが、ダレずに頑張っていきたいと思います。

さてさて、では長文駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
これにてCC2012のレポートを終わらせていただきます。

追伸:
自分の中での2012年が終わったら世間はもう三月なモンでなんだか不思議な気分です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する