謹賀新年

あけましておめでとうございます、元日夜に「あけおめメール送ってなかった!」って焦ったら誰からも「あけおめメール」来てなかったことに気づきました。モブキャラ真っ最中のもふー屋さんだよ。

さて、前置きはここまでにして…昨年末某所から、「ところで、俺のデッキをみてくれ…こいつをどう思う?」という大変ありがたいお話をいただきました。
(デッキレシピをコピーしながら)「その挑戦状、受け取った…!」

というわけでデッキレシピから。

黒単リュイリール
3 グレイシャル・ドラグーン“ィミ・リュイリール”
4 サンダードラグーン
4 コフィンボーグ
3 ティエンロンロイド
4 ステルスコート
4 メテオバースト
4 ディープインパクト
2 サイボーグマッサージャー
2 尼法師
4 バチカン衛兵
2 カロン
4 バーキープ
4 ベイビーリザード
4 カメレオンメイド
4 サイボーグメイド
4 ドラゴンパピー
4 PSI・エンジェル
「カレイド山吹相手にも殴り切れて、ミラーを重視」というのを主眼に置いてデッキを考えてみましょう。

まずはキャラクターから。

現状だとややもっさり感がありますかね。黒キャラが精神2に集中しすぎていてメインファクターを延ばすのに手間取りそうな印象。
(現状だと黒ファクターはあまり極端に要求されないのですが)。
支配するキャラの精神力が0か2になっているので、キャラ支配時の選択肢が狭まってるような感じがします。現状に対してのアプローチで
・黒キャラの精神力カーブをこのままにするなら、他色の精神力0を増やす。
・他色のドローキャラの枚数を維持するなら、黒キャラに精神力0~1を採用する。
の二択になると思うのですが、黒キャラが2/3/1に寄っているのが勢力アクセスがやや頼りなくなるのがイヤだとのことなのですが、そもこの組成だと湧いたキャラを支配するのにもまた手間取る(黒キャラか他色ドローどちらか一方とか)ような気がします。軽量が2枚or1ターン目支配が「P.S.Iエンジェル」+軽量1枚、ぐらいで気持ちいい支配な感じがするので、今回は黒キャラを軽くして他色ドローを維持の方向でいきたいと思います。弁解するならば、“ノーチラス”めんどくさいって書かれてたのでそれの対処も兼ねて「竜娘」を投入し、“ィミ・リュイリール”“ズィリーラ・ヴァルラ”の安心セット先を増やせるよ!とか言い訳してみます。個人的に他色精神力0は沢山(6~7枚ぐらい)ないと個人的に信用できないので、今回は減らします。
黒キャラは、耐久1が多いかもというふうに言われていたので「メテオバースト」を意識してみましょう。
巻き込まれやすく、素体になりづらい「サイボーグメイド」を全抜き。▼が寂しいので取られにくく堅い「メカニックボーグ」を2枚足し。「カメレオンメイドも」2枚減らします。
重さを緩和する精神0~1も投入。「コフィンボーグ」の素体になる「ガスサイボーグ」を3枚投入(素体を気にしないなら「メテオバースト」で落ちない「花嫁天使」もアリだと思います)。
精神1には「ショアードラグーン」を2枚採用。黒キャラの総量も1枚増やします。

キャラの説明に容量を大きく割いたのは、他にいじる部分が少なかったから…ですね、(企画倒れにならないかと焦る)。

“ィミ・リュイリール”を1枚、強いけど強くない(他色ドローを素体にできない。横取れる精神0も「メテオバースト」で落とせる)「ティエンロンロイド」を抜いて増量。デッキの最大ファクター的に軽量枚数が10枚でいいかなぁと楽天的発想。
使わなかったという「ディープインパクト」ですが、抜いて別なモノを投入。

…などどいじくりまわした結果…

黒単リュイリール(セラフで)ポロリもあるよ!?
4 グレイシャル・ドラグーン“ィミ・リュイリール”
4 サンダードラグーン
4 コフィンボーグ
2 ティエンロンロイド

4 ステルスコート
4 メテオバースト(躊躇わずに撃ちたいのでキャラが堅めに)
4 セラフの祝福


3 竜娘(「セラフの祝福」と赤ドローは好相性)
4 バチカン衛兵
2 泡姫(“ノーチラス”いるかもって空気を出せれば…)
4 バーキープ

4 ベイビーリザード
2 カメレオンメイド
4 ドラゴンパピー
4 PSI・エンジェル
3 ガスサイボーグ
2 ショアードラグーン
2 メカニックボーグ
追加カードは「セラフの祝福」のみですが、デッキにはすごく噛み合うカードで出力も申し分ないので4枚投入。1枚削ってキャラや軽量を増やすのもお好みで。
“ィミ・リュイリール”がフルパワーならば相手はガードするためのパワー采配(パワー2以上のキャラを複数用意)に自然になるでしょうから、落とされそうな“ィミ・~”が生存したり、逆にパワー2の“ィミ・~”が(2)に止められたときに「~祝福」でパワーを使い相討ちから、自分のパワー1キャラがアタックに行けるようにしたり(サイズアップ付き)等、“ィミ・~”のいる盤面での「面と点のアタックの切り替え」をやりやすくなるのはデッキのコンセプトに合致していて魅力的ですね。

…いじるところが存外少なくて、受け取った挑戦状をそのまま返送してるような感じなのは秘密です…。

次週は引き続き「アクエリグランプリ」の上位のデッキに当たり屋さんしていこうかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

すごく……大きいです(思考レベルの壁が)

きゃっほう当て逃げありがとうございまっす!
いや、ほんと……自分がいままでに持ちあわせていなかった概念ばかりで勉強になります。

大会前日に、サイボーグマッサージャーを4→2にして
バーキープを2→4に増やしたので、他色キャラも黒キャラも重くなってましたね。
それでも、自分ではしっかりと毎ターン2体支配していた気がするので
もしかしたら、手札を差しすぎなプレイングなのかもしれません。
(いえ、よく思い出したら勢力に支配しきれないキャラが残って苦労したような記憶も……)
自分では「黒キャラが重い」ことにも気づけていませんでした。

>(他色ドローを素体にできない。横取れる精神0も「メテオバースト」で落とせる)ティエンロンロイド
>竜娘(「セラフの祝福」と赤ドローは好相性)
>“ィミ・~”のいる盤面での「面と点のアタックの切り替え」
このへんはホント、目から鱗が落ちまくりです。
いかに自分が面のアタックしかできていなかったか、思い知らされましたし
自分がこれだけ使いこんだデッキでも、mei.Aさんが見るとまた違って見えて
新しい形を提示していただけるこの企画、すごい! また吸収していきます!
早速コピって回してみて、セラフの使い具合を確認してみます!

本当にありがとうございました、また機会があればよろしくお願いします。

これなら

泡姫とカメレオンメイドを各4にするのはどうですかね。
セラフの祝福で、♀ワーカーを指定することも多いでしょうし。

書いてて思ったんですけど、♀ワーカー指定ならサイボーグメイドもメテオバーストから守れますね。

コメントレス。

かんすわさん>いえいえこちらこそ参考にしてるのでお互い様です。“ィミ・リュイリール”のタテヨコの切り替えは、相手に実際にされて気付いたので(汗)そういうテクニック的なのを僕もこれを通して取り込みたいなと思ってます。
WISPさん>2/2/2が一番扱いやすいし素体足りてないわけではないので「竜娘」(精神ドローちょー強いけど焼けちゃうから…)「バチカン衛兵」を1枚ずつ減らして「泡姫」とかでもいいかも。好みとか地域メタの領域になってくるかもしれませんね。
「カメレオンメイド」増やしたいとこではあるんだけど…単品の強さが振り切ってる「P.S.Iエンジェル」が「セラフの祝福」や「メテオバースト」とは相性がイマイチなのがこのデッキの落としどころを難しくしますね。

せっかくなので

あ、あのー、自分のデッキを肴に持ち主より高度な会話かましてるとこ申し訳ないんですけどー。
ひとつ質問していいですかー。
この場合のミラー対策は、「メテオバースト+セラフの祝福」を狙っていって
「お前の場だけ半壊じゃー!」って言ってヨコの有利とってから殴る、みたいな感じですか?

自分も以前、強いと聞いてメテバ+セラフを試したことがあるのですが
「メテバは最速で撃ちたい」「2枚コンボが揃うまで待ってられない」などの理由で
2枚まとめて撃てないまま、セラフをデッキから抜いちゃってたんですよね。
あと黒ミラーの場合、セラフ撃ってもどうせ相手の打点が3~4あるから相打ちになっちゃうし
それなら、メテバと併せて撃つことでヨコの有利とっていくのがいいのかな? と考えたのですが。
(セラフは経験不足故に、見当違いのこと言ってたらごめんなさい)
これからコピって回してみますが、ミラー対策の道筋もざっくり伝えてくれるとちょー嬉しいです。

そうですね…

メテオ+セラフ>そこまで無理に狙っていく必要はないですよ。同じターンに引いて「いけるかも?!」ってぐらいの感覚でいいんじゃなかろうかと。
「メテオバースト」に限らずプロジェクトは使う側が優位に立ちやすい(直前に被害を軽減する行動を取れる)ので、コンボが強力だからとそれに縛られて撃ち頃を逃さないようにしたいですね。ただ、「メテオ~」と「セラフ~」を同時に撃てる場面でも撃たずに殴った方が打点通るじゃん!ってこともあったりするのでそのあたりは盤面とよく相談したいですね。
ミラーマッチ>たしかに「メテオ~」+「セラフ~」で補給格差を作ってから制圧…というのが楽でしょうね。
“ィミ・~”は本人で殴るというよりは、アタック・ガードを重くして先にこちらのドローや「P.S.I」が殴って、相手のパワー2(前ターン支配したドローだと嬉しい)でカットor本体(+勢力アタック。“ィミ~”がこっち見てるしな…)になれば、こちらが有利な展開になるんじゃないでしょうか、むしろどうアタックしていけば打点が通るか補給差が付くかを気にしながら、盤面を動かしていくのが必要かもしれません。
この動きの切り替えの選択権が大概“ィミ・~”支配側にあるので先に出したいところですね。
“ノーチラス”でも“ィミ・~”下では2回しかガードできませんし、スルーされた打点を上げて計算を狂わせたり、“ノーチラス”等大型のガードを(1)で回数減らしたりできる「セラフ~」はよく噛み合いますね。
的確かわからないところがあるので推敲キボン

作成者じゃないので余計かもですが

(自分で作ったデッキではないですし、実際に回してもいないので想像で書きますが)
セラフで自分だけメテバを避けるコンボは確かに強いと言えば強いのですが、リソースを6枚使った2枚コンボとしてはそこまでコスパが良いわけではありません。
ので、そのアクションは積極的には狙わないものかと。
(メテバやセラフを手札に温存せず、引いたらすぐ使う)


>あと黒ミラーの場合、セラフ撃ってもどうせ相手の打点が3~4あるから相打ちになっちゃうし

ミラーでのセラフは♀ワーカーを指定して、黒以外のドローキャラでビートするのが基本です。
セラフ@♀ワーカー影響下でのドローキャラのスペックを色別に並べると、
赤:3/2(1)/4 青:3/1(3)/2 緑:3/3(1)/3 黄:3/3(1)/3 黒:3/4(1)/2
となります。(白ドローはあまり採用しないので除外)

黒のキャラからセラフのコストを支払い、黒以外のキャラで殴るとすると。
そのキャラは一番ビートに使いやすい「他色のドローキャラ」で、しかも平均サイズが打点4の耐久3(!)です。
「通せば大きいし、青と黒以外のキャラには倒されず、青や黒のキャラと相討ちでもメインファクターが減らない」というお得なビートが簡単に実現できます。
相手は「青ドローやメインファクターで相手の他色と相討ち」か「平均4点のアタック数発+勢力ダメージを受ける」のどちらかを選ばなくてはいけなくなります。

どっちに転んでも結構なアドが期待できるので、そこから相手を揺さぶりゲームメイクしていくのが自分のミラーでのセラフです。


「相手のメテバに合わせるため、下ろすキャラのアイコンを統一する」とか「ノーチラスCIPをカウンターしてターンアド取る」とか「耐久6を盾に強気に殴ってきたノーチラスを撃墜する」とか
ミラーでの用途は他にも色々あると思いますので、そういう難しいことはmei.Aさんに丸投げしますのでよろしくお願いします←

頭がフットーしそうだよおっっ

いえ、決して理解が追いつかないとか難しいとかではないのですが。
むしろこれだけわかりやすく説明していただいてありがとうございます。

とりあえず、無理にコンボを狙うことなく撃っていく方針は
間違いではないみたいで安心しました。
ただ、セラフ1枚でどうやってミラーを対策するかってのが自分では見えなかったのですが。

>先にこちらのドローや「P.S.I」が殴って、相手のパワー2(前ターン支配したドローだと嬉しい)でカット
>“ノーチラス”等大型のガードを(1)で回数減らしたりできる「セラフ~」
>ミラーでのセラフは♀ワーカーを指定して、黒以外のドローキャラでビートするのが基本です。
>そのキャラは一番ビートに使いやすい「他色のドローキャラ」で、しかも平均サイズが打点4の耐久3(!)です。

情報量が多すぎて全部をすぐには理解できてませんが、すごくわかりやすいです。
なんでしょう、お二人は「こうすると強い」っていうのを理由付けして説明してくれるので
ああ、強いひとっていうのはこういう所が違うんだなあ……と気づかされました。

まだ情報を頂いただけですので、これから自分で回してみて
「こうすると強い」をしっかり自分のノウハウに変えていきます。
mei.Aさん、WISPさん、ありがとうございました!
 
プロフィール

担当

Author:担当
月曜日:WISP
火曜日:ハヴ
水曜日:くうふく
木曜日:mei.A
金曜日:てふG

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR