もしくはグレムリンかもしれない

今の会社に入ってからというもの、僕の周りの機械が入れかわり立ちかわり不調とか故障とかになっていく。
そろそろ疫病神だと思われてないか心配。火曜担当ハヴです。

まずはNAS告知。

開催日:11月6日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:フィフストリーム(マミエミはエクストリームのカード扱い)を予定。


先週も言ったけどパートナーシステム云々はとりあえず大会ではお預けです。
まぁデッキは作っていく。多分。

ってことで今日はコスプレパーティについて語る。
白白0(プロジェクト)
このカードが効果を発揮した場合、≪あなた≫は1ドローすることが可能。
このカードの効果で1ドローしていない場合、メインフェイズ終了時に、≪このカード≫をオーナーの手札に戻す。
メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫はあなたの任意の分類1つを得る。

最序盤に撃てないけど再利用「も」できる二学期デビューっていうとわかりやすそう?世に出たのはあっちのが後だけども。
ドローするにせよ、しないにせよコストが上昇してない限り手札やコスト消費が実質なしで横取りの補助ができるカード。
一度使ったあとに手札に戻すことを選べば以後相手に圧をかけることもできるのでいやらしそう。
また、手札に戻るタイミングがメインフェイズの終了時なので素知らぬ顔でそのままパワーに埋めたりもできます。
あと、派遣社員やラストフルデビル(なんか思いついたのがこの2枚だった)なんかのいわゆるプレイヤーアンタッチャブル系のブレイクが場にいても手札に返すことは出来るので割り切った運用が可能です。

以上、今日はこんな感じで。

「あの頃とは随分と戦術も変わったものだな」(No.PR351 伏龍“諸葛孔明”)

クラス占拠アシッドって何事だろうw

月曜担当WISPです。
最近一気に寒くなりましたね?



ちょっと話題に出ていたので、クラス占拠使ったデッキについて。

黒1Fで宣言できるスペルで、タレント・スチューデント殺しのピンポイントメタ除去カード。

このカードに最もスポットライトが当たったのは、アンチェインスタイルの時じゃなかろうか。


“ぽち”や“小石川愛美”など、塔収録の多段ブレイクが全員タレントを持っていることが一つの要因ではありましたが。
白のグラビアメイド、烏杜、学園祭メイドなど多数のキーキャラが屠られ。
緑もパフォーマーやレイチェル、パイモンがごっそり持って行かれる噛み合い方。


自分がこのカード積んで大きな大会に出たのは、2010年のサバイバルトーナメントだったかな?で、
青黒イングリッド占拠という局地戦仕様のデッキでしたw
4コスト払えばファストのタイミングで宣言できるプロジェクトカードということで、イングリッド2段と非常に相性が良かったのですね。


残念ながら決勝ではメディア+アシッドクラウドで蹂躙され、公開レイプショーされてしまったわけですが。
あの時のサバト、楽しかったなー
調整期間中にエクスの制限がごっそり変わって、プレイヤー全員が振り回されたのもいい思い出だなww


今日はそんなとこで!