スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしくはグレムリンかもしれない

今の会社に入ってからというもの、僕の周りの機械が入れかわり立ちかわり不調とか故障とかになっていく。
そろそろ疫病神だと思われてないか心配。火曜担当ハヴです。

まずはNAS告知。

開催日:11月6日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:フィフストリーム(マミエミはエクストリームのカード扱い)を予定。


先週も言ったけどパートナーシステム云々はとりあえず大会ではお預けです。
まぁデッキは作っていく。多分。

ってことで今日はコスプレパーティについて語る。
白白0(プロジェクト)
このカードが効果を発揮した場合、≪あなた≫は1ドローすることが可能。
このカードの効果で1ドローしていない場合、メインフェイズ終了時に、≪このカード≫をオーナーの手札に戻す。
メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫はあなたの任意の分類1つを得る。

最序盤に撃てないけど再利用「も」できる二学期デビューっていうとわかりやすそう?世に出たのはあっちのが後だけども。
ドローするにせよ、しないにせよコストが上昇してない限り手札やコスト消費が実質なしで横取りの補助ができるカード。
一度使ったあとに手札に戻すことを選べば以後相手に圧をかけることもできるのでいやらしそう。
また、手札に戻るタイミングがメインフェイズの終了時なので素知らぬ顔でそのままパワーに埋めたりもできます。
あと、派遣社員やラストフルデビル(なんか思いついたのがこの2枚だった)なんかのいわゆるプレイヤーアンタッチャブル系のブレイクが場にいても手札に返すことは出来るので割り切った運用が可能です。

以上、今日はこんな感じで。
スポンサーサイト

「あの頃とは随分と戦術も変わったものだな」(No.PR351 伏龍“諸葛孔明”)

クラス占拠アシッドって何事だろうw

月曜担当WISPです。
最近一気に寒くなりましたね?



ちょっと話題に出ていたので、クラス占拠使ったデッキについて。

黒1Fで宣言できるスペルで、タレント・スチューデント殺しのピンポイントメタ除去カード。

このカードに最もスポットライトが当たったのは、アンチェインスタイルの時じゃなかろうか。


“ぽち”や“小石川愛美”など、塔収録の多段ブレイクが全員タレントを持っていることが一つの要因ではありましたが。
白のグラビアメイド、烏杜、学園祭メイドなど多数のキーキャラが屠られ。
緑もパフォーマーやレイチェル、パイモンがごっそり持って行かれる噛み合い方。


自分がこのカード積んで大きな大会に出たのは、2010年のサバイバルトーナメントだったかな?で、
青黒イングリッド占拠という局地戦仕様のデッキでしたw
4コスト払えばファストのタイミングで宣言できるプロジェクトカードということで、イングリッド2段と非常に相性が良かったのですね。


残念ながら決勝ではメディア+アシッドクラウドで蹂躙され、公開レイプショーされてしまったわけですが。
あの時のサバト、楽しかったなー
調整期間中にエクスの制限がごっそり変わって、プレイヤー全員が振り回されたのもいい思い出だなww


今日はそんなとこで!

「おめークラス占拠アシッドしにいったらしいな」(AAA火曜日担当“ハヴ”)

ちなみに僕はハヴさんのこと、大好きですよ
みなさんアクエリは、じょなさんです

「四国のアイドル、じょなさんだよー!よっろしくー!」ってやりに四国最強座行って来ました

最強座の結果は7勝2敗で2位でした
前回の6位よりは進化したけど、自己新は記録できてないので複雑な心境
なれど2015冬は6勝3敗の2位だったので進歩はしているのかもしれないですね(ポジティブ)

今回はえじぇ師匠とのーてんさんともっさんとでグループ遠征でした
みんなで大会遠征とかいつぶり?グランドクロス名古屋??って感じだったんで
(びーなすとか名古屋ウォーズはオフ色強かったし、とりあえず今回はノーカン)

みんなで行く企画して、あーだこーだいいながら旅行プラン練って、予約してってやれて楽しかったです!
やっぱり俺はパッケージツアーよりこっちのが好きですね

割とほっといたら1人でどこへでも行く人間なんですけど、これはこれで全く別の楽しみがあって良い!

とかとか


前回はうどんツアー出来なかったんで、今回はキケまるさんに連絡して土曜日にうどん案内して貰うルートにしました

その結果文化祭参戦が無理そうだったのでデッキとか用意してなかったんですが、キケまるさんのうどん知識とドラテクが噛み合った結果…

うどん4軒(さか枝→ちくせい→松下うどん→?)回って一時間経たなくて、タイムジャンパー“キケまる”かよってなった次第

移動中にはうどん学の講義が行われていたのですが、感嘆の連続でした
コンビニ<うどん屋は伊達じゃない!

そんな訳で、うどんツアーが早く終わったけどデッキもなにも無かったのでアクエリ文化祭は参加できませんでした…
tiltoさん、すいませぬ(´・ω・`)
(流石に嫁デッキ貸せとは言えない)

横で見てたNYUBは超楽しかったです
じょな最お気に入りはプリズマイリヤ的なアレ

次回ワンチャンあれば参加する側に回りたい気持ち


そんな感じで、最強座前日編でした
調整編と対戦編はまた後日…

エンドです!

NASについて訂正とか

あります。
火曜担当ハヴです。
ってことでそれを踏まえたNAS告知。

開催日:11月6日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:フィフストリーム(マミエミはエクストリームのカード扱い)を予定。


パートナーシステム使ってみっかって話ではありましたが大会自体はノンパ、その後のフリプとかでパートナーの流れだそうです。
大変失礼しました。


さてさて、四国最強座ご参加の皆さんお疲れ様でした。
先週も言ったけど僕は仕事(迫真)で不参加でした。仕事だよ、仕事仕事。

ちなみに上位の皆さまのデッキレシピ拝見したんですが、二位のお方がエクストリームで興味深いデッキ遣ってるのが印象的でした。
この方は僕のデッキ極端にメタったデッキ使ったと思ったら僕のデッキと同ネームのデッキを使ったりもするんできっと僕のことを大好きなのか大嫌いなのかのどっちかだと思います!!!!
記憶が正しければこの方、エクストリームで使ってた2段ネームの2段目は3枚しか持ってないとかそんな感じだったはずなのであの構築はそういうことなのかなと邪推してます。
まぁ真相とかレポとかはそのうちご本人がAAAに書いてくれるでしょ。(圧力


そんなこんなで今日は他意なく、ただ何となく、タイムエクスプレス“ドラゴンライナー”について語る。
白白白白4
6/5/5 ブレイクスルー
≪このカード≫はファストカードのタイミングでセット宣言可能。
≪あなた≫は、ブレイクカードを、ファストカードのタイミングでセット宣言可能。
このカードがセットされた場合、≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言しているか、このキャラクターにガード宣言されているキャラクター全て≫に6ダメージを与える。
1:≪このカード≫をオーナーの手札に戻す。
マシン/ドラグーン♂/ドラグーン

アイコン的には専用デッキ作ったら強そうな感じ。だいたいこれのアイコン適当に稼いでワーカー中心に横取りしていく感じの。もしくはリアライザー。
ファクターとコストは結構重めですが登場時にバトル予定だった相手を轢き殺せたりブレイクスルーも持ってたりするんでまぁ許せなくはない感じですかね。僕はコスト踏み倒して出すことの方が多いのでなんともですが。
また、エフェクトが割と活躍をするのでこれはしっかりおさえておきたいところ。
前述のコストのことはまぁ気になりますがこのカードを手札に戻してから適当なキャラで殴ると轢き殺しアビリティが結構なプレッシャーを出せるのであとはこれにパワー0のキャラクターのガード宣言を消せるキャラとかいたらいいですね。

はい、正直薄ら寒い文章になったけど今週はここまで。

「素敵な出会いが訪れますように……」(No.0666 縁結び魔女)

最近、気温のアップダウンが激しいですね。
体調にきびしい。


月曜担当WISPです。


今日は前回ハヴやんが言ってたアンネローゼについて。

この手の疑似ペネトレイト系能力は、言うまでもなくX系パンプと相性が良くて。
状況が許せば打点2桁コストのラーの光とか打ち込んで、即死も狙えたりします。
チャリオットの着地→パワーカードフェイズ→返しでガードレスパンプ で動きは綺麗。

パンプの多いウォリアー系で組むか、スカラーで回してセレン・エルシーの物量で押すのも楽しそうですね。
自身に生存能力なにもないので、パーマネントやディスペル、オルタレイション・マジックなどで補佐はしていきましょう。
除去られさえしなければ、殴り合いでは負けないはず……なので(真由美とか知りませんw

ペネトレイトアビリティの弱点としては、敵のパワーカード枚数が多いと発生しないところなので、精神力が2桁あるようなのとかは相性悪いです。後チブ持ち。
サイズのいかれたワントップとかは、青らしく焼くか(そういうのに限って除去耐性バッチシですが)、ウォリアーで組んでブリュンヒルトを並べておくと、弱点を補えて良い感じ?

(3F3Cクラスを2体並べて、簡単に突破されたらそれも困りますが。片方はファストタイミングで良いのでまぁ及第点?)

そんな感じで。

今週末は香川で大会ありますね

僕は仕事(迫真)なんで不参加です。残念賞。
火曜担当ハヴです。

そんな僕はNASに参加してアクエリ欲を満たします。

開催日:11月6日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:フィフストリームでパートナースタイル採用(エクストリームのカードはパートナーに選択不可能 ※マミエミはエクストリームのカード扱い)を予定。


一応ノンパのデッキも持っていくけどフィフスが主流っぽいっす。

さ、今日はチャリオット“アンネローゼ・ノルトライン”について書く。
青青青3
4/(4)/4
≪このキャラクター≫から、あなたの支配キャラクターのアタックコスト・ガードコストを代わりに支払うことが可能。
あなたの支配キャラクターがバトルによるダメージを与える場合、≪バトル相手のオーナー≫に(X)ダメージを与える。Xはそのキャラクターの持つ精神攻撃力の数値から、バトル相手にセットされているパワーカードの枚数を引いた値に等しい。
ウォリアー/スカラー/マシン

パワーカードの采配を楽にしてくれるアタック、ガードコストを代わりに支払うことが出来るアビリティ。最高ですね。
あと精神攻撃版ペネトレイトを自分支配キャラ全部に付加。
このアビリティはペネトレイトと違ってこちらがガードする側でも効果を発揮するのが嬉しいところ。
逆に勢力フェイズには精神攻撃持ちでガードし辛くなりますが。
とりあえずこれをグノシース主義者の上に降らせるのベリーベリー楽しそうなのでなんかデッキ考えます。

今週はこんな感じで。

「生きているってことを実感させてやるよ」( No.0546 死鬼小龍)

今日涼しかったですねー!

これ以上やりすぎると朝辛くなるので、そろそろ気温とめてほしい。

月曜担当WISPです。



先週小此木デッキ破壊について書いてたやつで、少し思い出したあれそれあったので今日はそれ。


自分が現役時代によく使った組み合わせで、茨の枷+ラプラスの悪魔というコンボ(?)
形式としてはハンデス+チャージ停止ですね。
ヴァンパイア・キスも即死狙えるしそれはそれで強いのですけど、個人的には枷の方が好み。

枷を回収した場合、ハンド1枚と3コスト消費しますが
ほぼほぼ相手のコストが空になるので、2ターンくらい戦闘がぐだります。

自分の方に太い補給(枷・ラプラスで解放したFDエンジンとか)を用意しておけば、そのまま差を広げて小此木でマウント取れてました。

どちらも低コストのファストなので取り回しが非常に軽く、小此木が着地するまでは繋ぎのパワコンとして十分に機能し
小此木が着地してからは相手の場からパワー総数を一気に減らせて、デッキ破壊を手助けします。
カード単体での汎用性も高く、これも所謂『強カードのシナジー』ですね。


3週間くらいぐだぐだ書いたけれど
要はあれですね。
「単体で強いカードが噛み合ったらそりゃ強いわ」ってだけですねw
グッドスタッフって言えば聞こえはいいけど、もうちょっとテーマデッキっぽくしたいw

来月NASは変則ルールだよ

10月になったというのに30℃超えるとか彼岸さん仕事して。
火曜担当ハヴです。

さてさてNAS告知。
開催日:11月6日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:フィフストリームでパートナースタイル採用(エクストリームのカードはパートナーに選択不可能 ※マミエミはエクストリームのカード扱い)を予定。

いろいろ問題が起こりそうだけれどもまぁやってみなきゃわかりませんよの精神で。
きっと需要ある話だから来月NASはレポ書かないとな!セルフ追い込み。

ってことでNASのレポは来月書くから(目そらし)今日も今日とて適当なカード語る。
今日は最近お気に入り(まぁ昔からずっと好きだったけど)のイグニス・エクエス“ベアトリクス・カストル・サラマンドラ”について。
黄黄2
4/4/3 シンクロ
≪このキャラクター≫は、黒・黄のキャラクターとのバトルによるダメージを受けない。
1:メインフェイズ終了時まで、≪アタック宣言またはガード宣言した、あなたの支配キャラクター以外のキャラクター≫にXダメージを与える。Xはあなたの支配エリアのブレイクしている黄のネームレベルキャラクターの数に等しい。
モンスター/スキャナー

僕は呼びやすさ重視で「火カストル」って呼んでます。どうでもいいですね。
黒・黄キャラのバトルでダメージを受けないアビリティはレジストと比べるとスキル無効化を受けない点で優れ、シンクロで味方と共有できない点で劣ってる感。
まぁどっちにしたって黒黄相手に無双できるから微々たる問題。
黒黄以外の相手にもエフェクトとシンクロのおかげで仕事がないわけではないので使ってみるとかゆいところに手が届く感じがしてめっちゃおすすめです。
フェッチャーのおかげで1積みでも全然平気ですしね。使わない試合はそもそも引かなければいい話。
そんな感じで黒黄が蔓延る環境でもない限りはわざわざ枠を用意して入れるほどのカードではないですが枠があるなら積極的に採用しちゃってもいいんでない?くらいには思ってます。

したらば今週はこんなんで。

一気に秋らしい気候になってきましたね!
このくらいが一番過ごしやすい感あります。

月曜担当WISPです。



今日は先週に引き続き、強いカードのシナジーを中心に据えたデッキ第二弾。
小此木パワコンについてぐだぐだ語っていきます。



・主な構成カード

タナトスの器“小此木詩愛”
このデッキのキーカード。バインドとサイズがあるので出てしまえば場持ちがよく、エフェクトも優秀。
メインの使い方は、パワー0のキャラの分だけデッキ破壊をするアビリティ。

アシュタルテー
恒久的なパワコンがほしい時に。
小此木が出るまでの繋ぎや、出てからはパワー付きの手元ブレイクに対応して吹き飛ばせるようになる。
等価交換ならこちらが絶対有利。

レヴィヤタンの嫉妬
3F2Cの軽さで、全員から1枚ずつデッキバウンス

フェアリーリング
少し重たいが、1枚ずつ捨て札に置ける為、一気にデッキ破壊できる。
こちらのアビリティを割り切った、縦差し一点特化にも対応可能。

茨の枷
相手の動きを遅くしつつ、リソースを序盤からバリバリ削っていける。優秀。

エリスの黄金林檎
ネームを二人以上支配していると、全部もいだ上で勢力に飛ばせる。
フェアリーリングやアシュタルテーの関係上、ネームを複数並べて対処してくる人が多いので、弱点のカバーに美しい

ミューズの森
あまり採用されないけれど、対お散歩構築系なら出番はある

サイレンヴォイス
アシュタルテーよりもこちらのほうが取り回しは軽い。
小此木のエフェクトに対処するため、手元にブレイクを着地するプレイングを刈り取ることができる。
出てしまったネームを2ターン凍らせられるのも優秀。(その間に小此木が間に合えば落とせるし)



この辺でしょうか?
優秀なパワコンカードは、沢山積めばゲームメイクが望んだ通りの形になりやすいですが
デッキの中にパワコンカードが多すぎると、コントロールばかりでエンドカードがなく、いつまでも勝てません。
小此木なら、そのパワコンカード全てが一気にエンドカードに変貌するので、相手に満足にカードをプレイさせないまま敗北条件を満たさせるコンセプトですね。



それぞれのパワコンが、対応しているパワーカードが違うので、変則的ですが相互シナジーといえるでしょう。

今回はこの辺で!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。