スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まったく、スルーズはどこに行ってしまったのかしら」(No.0472 ヴァルキリー“ランドグリーズ” )

暑すぎる!!
まだ7月頭だっていうのにー!!


勘弁してほしい。月曜担当WISPです。




本日思い出すカードはー

ヴァルキリー“スルーズ”!
冥王星で新登場した、ヴァルキリーシリーズの大型ブレイクですね。

4F4Cで▼を持つキャラクターをセット時に葬るアビリティ持ち。
青なのに攻撃力が物理打点ですが、ペネトレイトを持っているので好都合。

自身も▼を持っていますが、黄色相手に少し警戒するくらい?
地味にパーマネント+2もありますが、活用されているのは見たことがない(


出して殴って相手の青ドローと相討ちした場合
4C+素体+本体+アタックコストでカードを7枚失っていますが

相手は4点貫通+ガードコスト+青ドローをその場で失い、青ドローによって手にするハズだったドロー1枚を損失し、ダメージ判定で▼が沸いた場合は追加でさらなる打点が見込めます。
CIPアビで吹き飛ばしたキャラクターと、それについていたパワー分もアドです。
テンポアドを消費して強引に盤面を動かす辺り、スペルにも近い扱いですね。

ホライゾンⅡが出てから青の物理打点インフレが酷くて若干出番は減りましたが、ヴァルキリー・セイバーなどのサポートカードやブリュンヒルトがあるので、クランそのものは現役だと思います。


そんな感じで〆。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。