じょな先生のレポ期待勢

主にNASドラフトの。←
火曜担当ハヴです。
いつも通りNAS告知から始めていくスタイル。

開催日:7月3日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:言ってた通り7月NASはフィフストリーム(※マミエミはエクストリームのカード扱い)やります。


なんだかんだで参加できそうな流れになってきたけどはてさて。
AAAのネタ欲しいしなんばに寄って買い物もしたいしなんで是非とも行きたいんだけども。



今日はレシピ。フィフストリームで不動明王。
いつぞやみたくまずエクストリームのカードから書く。

赤単不動明王

2 魔絶ちの法(早蕨をダメージに送り込めるかもしれない強烈なカウンター。
2 太古神法(魔絶ちや血封陣と微シナジーあるカウンター。パーマネントなんてきっと一枚剥がせれば大丈夫だよ!
1 神鳴り(不動明王か沖田に使ってワンショットキル。

4 火生三昧“不動明王”(出るだけでも大分安定感を放つ。デッキ的には神鳴りキメるのがもっともスマートな勝ち方な気がするのでそれの準備が整うまでしっかり守ってもらいたい所存。
1 壬生の天稟“沖田 総司”(対ミラーあたりが主な採用理由だけど今回は神鳴り握って突撃する仕事もある。
4 采女“早蕨”(しっかり硬い補給。捨て札からの回収もしっかりやっていきたいし今回は4枚。
3 転生闘士(メインアイコンチャージ軽量。
3 淡竜(赤青アイコン無視系チャージ軽量。別にいらない説もあるけど黒ドラグーンにはココらへんから圧をかける。
2 死解仙(ミラー意識した半軽量。これのためにキャラ選択狭めた感もあるけどあるのとないのでは全然違った。あとデッキの最大要求ファクターが赤3Fのみだから純粋な軽量が少なくとも何とかなる算段。
1 仙術書(もっとも早くファストをカウンターできるカード。
2 切魔法(展開にも役立つカウンター。魔絶ちと役割被ってる節もあるけどブレイクコストが減るのはやっぱり魅力的。
1  盂蘭盆会(ゴースト回収よかパンプの方が重要かも?神鳴りブッパ20点だけでは心細いときに。
2 血封陣(がっしり構える前に即キルルートに乗った相手をかわしたい系。太古神法入れたしって具合で思い切って2枚。

4 未亡人(メイン色ゴーストドロー。
3 元気巫女(安定力はないので頑なに4枚目は入れない系ドローキャラカウント。
1 道場主(転生闘士と淡竜の素体にはなるドロー。
4 月輪巫女(支配時赤ファストサーチ。デッキのキモ。
4 人震(割と消去法で選んだかも感ある強サイクルキャラ。まぁ半ターン早く不動明王出そうぜ。
2 壺振り(転生闘士素体精神0チャージその1。
2 飛脚(転生闘士素体精神0チャージその2。耐久が1か否か▼があるかないか。要は同用途キャラのリスク分散。

2 アストラルメイド(青いメインアイコンドロー。淡竜や死解仙意識して青キャラは気持ち多め。
4 ホムンクルス・フィット(青の精神0チャージの中では取られにくい部類っぽいので。

4 幽霊ウェイトレス(他色メインアイコンドロー。無難チョイス。

2 ブロワー(不動明王素体精神0チャージ。ミラーあたりで不安になるけどまぁしゃーなし。


過去にここで公開した赤青不動明王の焼き増し感ある。
ぶっちゃけ何枚月輪巫女を引けるかみたいなところがあるのでエクストリーム枠を一枚くらい忍者装束に変えてもいいかもしれないとは思います。それくらい月輪大事。
僕のなかでギャラクシーでの不動明王ってゲームの決定打がなかなか打てない印象だったのですが神鳴り入れたら死角が減った感じがあってなかなか気に入りました。
まぁだからと言って神鳴りは複数枚積まない(≒積めない)くらいにはカウンター勢が優秀だったのが組んでて思ったこと。月輪込みで考えると特に。
以上、今日はこんな感じで。