スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月NAS行ってきたマン

でもって突発でおとやん先生の誕生日を祝ってきたヤツ。
火曜担当ハヴです。
いいキウイでした。

ってことで7月NAS告知!

開催日:7月3日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:言ってた通り7月NASはフィフストリーム(※マミエミはエクストリームのカード扱い)やります。


僕は仕事がクリティカルヒットしてきたら不参加ありうる感じなんで強く生きていきたいと思います。←


今日はそんなフィフストリームのデッキを置き逃げ。
わかりやすい?ようにエクストリームのカードから書く感じ。

黄単スキャナー

2 テネブラエ・エクエス“セシリア・カストル・シェード”(フェッチャープリペアーでサーチ利くウルトラアタッカー。いろいろ持ってるけど全部がだいたい役に立つ。
1 イグニス・エクエス“ベアトリクス・カストル・サラマンドラ”(黄黒に負けないマン。だいたいロッソとかヴァールィンが強すぎて腹立ったから入れてる感じ。一応エフェクトは突破力足りえるけど言い訳の範疇。フェッチャーから引けるし必要な相手以外には使わないので1枚で余裕っすよ。
2 極星剣“ポラリス”(サーチ利くエンドカード。一枚に減らしてスキル消しできる水カストルくらい入れてもいいかもしれない?

1 ランスイル“カペラ”(ポラリスつけたらスゴい安定感だし相手のダメージ次第ではあるけど出しやすいし目立たないけど仕事はある。優先度自体はあんまりな感じもあるけども。
2 ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”(地球フォルナ。サーチの利くコントロールカードとして。
2 進撃姫“レイナ・アークトゥルス”(自己補給あるアタッカー。ポラリスつけると分かりやすいし扱いやすい。
2 トルネイダー“ウィンディ・ゼファー”(ネームいっぱい積んでるので結構補給力を使える。サーチもあるしそんなに枚数なくても十分回る。
4 ピルグリム(引きはサーチでごまかせるので純粋パワー量を優先して1F圏はチャージ軽量を。
2 フォレストライザー(相手に赤がいれば超補給。デッキの内容的に赤に対する勝ち方が薄そうだったのでこの辺で誤魔化す。
1 ライトダズラー(白殺せる軽量。白はそんなにいない気がするという曖昧で軽率な理由で枚数少なくなりました。
1 エレメントリフター(黒黄横取りできる軽量。火カストルのトコでも触れてるけど黒強い気がしたのでこの辺も。
4 ライトニングボルト(芸人枠。ライスト撃つと死ぬキャラチョイスになったのでこのチョイス。
4 グリムリーパー(勝利への距離を縮めることもできるハンデスという印象。デッキ的に。


4 バーキープ(メイン色メインアイコンドロー。
4 マルチウェポンメイド(メイン色メインアイコンドローその2。
2 戦士(フォルナとレイナにはなれます系ドロー。2点以上の▼を黄に集中しておく。
1 ローズヴァンパイア(他の同サイクルのカードよか取られにくそうな非▼精神1チャージスキャナー。
4 プリペアーファイター(ブレイクスルーサーチのカードですが非常時には素体にもなります的考え。
1 プランター(黄Fとフェッチャーを同時に支配したいときを見据えて精神0チャージを多くしておく。
4 吸血貴婦人(だいたいプランターと同じ理由だけどリーパーやゼファーを見据えて打点高い方を優先した感じ。

4 フェッチャー(次のターン素体に使うキャラを支配したらスキャナーをサーチできると考えながら使うと気がラク。
2 新人ボイスアクトレス(そんなフェッチャーをどうしても支配したいので。

1 フレアバーテンダー(精神攻撃力持ちメインアイコンドロー。
3 グノーシス主義者(従来はだいたいフォルナ用の採用だけど闇カストルで相手のスペル封じるときにも重宝する。

1 アクロバット(一応カペラの素体系精神0チャージ。

1 スター・トランスポーター(横取りされにくそうなエレメントリフター素体系精神0チャージ。


フェッチャーのおかげでサーチ効率がよくなったのでエクストリームのカードをガシガシにハンド経由していこう的なデッキです。
特に闇カストルはおおよそのデッキ相手にトドメをさせるナイスカードだと思うのでこれがサーチカード2種計8枚+本来の2枚から引けると思うと考えることも少なくて済むのでいい感じかなーと思います。

したら今週はこんな感じで。
スポンサーサイト

「えーそんなの変態さんじゃないですかー」(No.0287 デビル・ウィッチ)

風強いですねー最近。
暑いのやだから、個人的には悪くない。


月曜担当WISPです。




今回は特殊レギュについて雑感的な。

公式からパージされて以来、色々な方がハウスルールを考えて環境を動かしていますが
個人的に、カードプールを減らす方向でのテコ入れってあまり魅力的に映らないのですよね。

あれもだめ、これもだめ……みたいに雁字搦めで遊ぶのが、窮屈に感じると言うか。

けれど、「エクスパンション○○以前は不可」みたいに境界線がはっきり定めてある?と意外とそうでもない。
公式が息をしていた頃の、○○限定戦!みたいなのは結構乗り気で参加していましたし(開催が公式だから、というのを差し引いても、モチベーションが低下しなかった)
そんなこと言い出したら、エクストリームスタイル自体が制限の塊なわけですしね。

自分でもよくわかっていませんが、恐らくは基準のわかりにくい俺ルールみたいなものは何となく苦手意識があるなぁ 程度にふんわり。
(単に、公式が定めたレギュレーション以外で遊ぶことに抵抗あるだけなんじゃないか説も)


逆に、プールが増える方向でのルール改訂は大好きなのですよね。
嫁スタンや5thストリームなどの。
そういう意味でも究極のアクエリアンエイジはアルティメットですが、あれはあれで別の時空なので……w



まぁ、あれです。
確認や参照のしにくいルールは、作る時に注意しよう 的にふんわりぼかして〆で!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。