スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省します

エフマスさんからレシピ預かってたんですが「まぁ明日やればいいか」マインドでズルズルやってたら預かってから一週間以上経っててマジかよ俺クズじゃん状態になりました。火曜担当ハヴです。
慌ててアップしたのでこの記事の下の記事を確認してもらえばと思います。四国最強座レシピ解説、エクストリームとデススタの二つがあります。
エフマスさんホントすみませんでした。


ってことで冒頭を長々己の不始末に使っちゃいましたがNAS告知。
開催日:6月5日
時間:15時~
場所:エキサイティングカードショップカリントウ大阪堺東店 様
備考:ギャラクシーパートナー予定。7月以降はフィフストリームになるかも?


参加者全員の合意がとれたら突然にフィフストリームで非公認大会するかもしれない可能性に今気づく。非公認だからこそできる芸当ですね。
まぁ言うてギャラクシー持ってきてもらえればそっち優先になるし大丈夫。



さてさて。最近あまりにも内容のない更新してたし今日はカードの山を適当に漁って出てきたカードについて適当に語ってみようと思います。

そんなんで今日の一枚は「SPメイド隊」です。
デススタとかフィフストリームとかA3EX+とかで需要はなくはないでしょという見切り発車。

ざっくりいうと自分が支配してるワーカー♀を捨て札したらプレイヤーが受けるダメージ判定を無効化したり自分の支配キャラが捨て札になるときにワーカー♀を身代わりにできる白の2F2Cファスト。
この手のカードだとワーカーなら♂でもいけそうな気もするんですがこのカードは♀限定。まぁカード名的には妥当か。
ってことでコスト消費のこととか考えると効果で捨て札するワーカー♀はパワー0でいて欲しいところですが。
アクエリアンエイジ的にはワーカー♀ってそうやすやすとパワー0で放置は難しいのでとりあえずはこのカードのコストを捨て札する予定のワーカー♀から支払うあたりは基本プレイングっぽいですね。
ちなみに自分はナースロイド“IZUMI”あたりと合わせて何かできないかなーあたりまでは考えたんですがそれより先があんまり思いつかなかったので誰か面白いデッキ考えて。(唐突な無茶ぶり
とりあえずビルとエニシダ突っ込んでワーカービート?


以上こんな感じで。
スポンサーサイト

四国最強座 春 デススタレシピ編

どもどもす、ハヴです。
エクストリーム編に続きデススタ編も連続で。




では最後にデススタのデッキとなります。
大会からかなり時間が経ってしまい、話題として古いですがデッキ解説とさせていただきます。

3 プリンセスバタフライ
2 女子音大生
3 新人ボイスアクトレス

2 アストラルメイド
4 幽霊ウェイトレス
4 ヴァンパイア・ナース
4 クラウドドラゴン
2 デンデンムシ
4 イノセントチャイルド
1 ヘビースモーカーデビル
1 接木の花霊

1 ハーフデビル

1 クローンストライカー

4 骨女
2 一反木綿
2 傾国の妖狐“蘇姐己”
2 春を祝う女神“フローラ”
3 姫悪魔“パイモン
4 ミストヴァンパイア“クレメンティーナ・キュリヴナ”
4 ミストストーム“クレメンティーナ・キュリヴナ”
2 フェアリーリング
1 ピュアメモリー
4 サイレンヴォイス

コントロール部分を補助にしたクレメンティーナになります。
ゴーストで足回りを整えて、パイモンやフローラ用の素体を白で補填した形となります。
2~3ターン目にクレメンティーナを出して3ターン目にエフェクトを2~3回起動で18~36点取れるような構築としています。
一番の問題は精神攻撃とイニシアチブですが、サイレンヴォイスやピュアメモリーでのコントロールでダメージを通しやすくします、その上でパイモンを積むことでコントロールカードを適切な時に手札に加えることができ、その後はドロー+2のブレイクとして動けます。
ゴーストは孔明に取られますが、一回限りでピンポイントな状態でやられるなら諦める、の精神でやってました。

デススタは環境的に読めず、強いカードもほかにありますが今回はクレメンティーナを選びました。
選んだ理由としては

・クレメンティーナ自身がアビリティで耐性を持っているため対処されにくい
・パートナーシステムでのコスト軽減によって、早いタイミングで高打点をたたき出せる
・超生物相手でも霧の魔物の同時アタックで対処しやすい

あたり。
実際構築段階では色々浮気してデッキを作成しており

・クレメンティーナ(構築ガタガタ版)
・タナトスの器
・禿山の一夜そういうことに(
・金星戦士パワージェム
・真由美第二の覚醒
・デス・ファクター“アル・ゲルド”ヴァージョンアップ(秘密デッキ)

を色々考えた上で、一度タナトスの器に決定しましたが足回りをクレメンティーナにも適用したら思ったより安定したため決着が早いクレメンティーナにした部分もあります。(タナトスはデッキアウトまでに時間がかかることが多いため)
後は個人的にクレメンティーナが好きなカードではあったのでこれで結果を出したい気持ちも大きかったです。

最後に自分の構築についての考え方をちょっと書きます。

そもそもデッキ構築において
認知度が高い強いデッキを対処されても使うのは非常にリスキーに見えますが、強いということはそれに必ず理由がついてきます。
逆にその強いというのがわかれば対処もしやすくはなります。
自分でカードを持っていなくてもとりあえず組んで回してみて強さを理解すれば理解の質があがり、自分の構築の強みをより強くだせるようなります。

その上で、色んな人と交流して意見を聞くことでその幅は更に上がります。
自分が積極的に遠征に行くのはそういう部分も大きくあります、ですのでまだ行ったことない地域の大会でも行ってみれば自分にとってプラスになるでしょう。
よければ次回B-NASがそういう場になっていますのでお時間に都合があいましたら来ていただければと思います。


長々となってしまい今回も読んで頂いた方ならびに今回から読み始めて最後まで読んで頂いた方全員に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、次回がいつになるかはわかりませんが、機会がありましたらハヴやんに頼んで掲載してもらいます。

以上がデススタの解説ならびに四国最強座のまとめとさせていただきます。




そんな感じでエフマスさんの四国最強座 春 のレポは以上となります。エフマスさんありがとうございましたー!
あとアップ遅くなっちゃってすみませんでした。反省。

ってことで最後にダイマしてくれましたが第四回B-NASはいろいろ企画検討中です。(言ってみたかった
続報はAAA使って随時!

四国最強座 春 エクストリームレシピ編

どもす、ハヴです。
このあと更新する分で多分説明?してると思いますけどエフマスさんの四国最強座レポ、エクストリームレシピ編です。
自分が四国最強座に行けなかったのでデッキ丸ごと託した感じ。
したらあとはエフマスさんに語ってもらおう。






それでは今回はエクスのデッキとなります。
ハヴやんから借りたときから変更していない状態なので自分が説明するよりかはハヴやん本人から解説してもらったほうがいいかと思うのですが、自分なりのリアライザーの考え方ってやつを説明していきます。

まずはデッキレシピから


4 学園祭メイド
1 シェルターデザイナー
1 車掌さん 
1 サイドカーロイド 
2 収穫アンドロイド 
3 ミニパト 
4 スペースクリーナー 
1 少女運転手
1 St.ヒルデ魔法学院初等科4年生“高町 ヴィヴィオ”

3 凧忍者 

2 おばけ屋敷バイト

3 動く石像
1 竜の門番

3 転入生
4 マシン・ドルフィン
4 リアライザー“横井 蒔苗”
3 天才プログラマー“横井 蒔苗”
4 メカィアーリス プログレッシブタイプ
2 タイムエクスプレス“ドラゴンライナー”

4 セーラー・スーツ

2 ブレイブハート
2 コスプレパーティ

3 キネティックシュート
2 マインドアサシン

自分が考えるリアライザーの強い所は

・パワー0を許さない2段目のエフェクト
・レスポンス不可のアビリティ1点焼き
・ドラゴンライナーを出した後のファストタイミングブレイクによる擬似除去

と思っています。
上記の強みを出すには、如何にその場を作っていくのかを重点においてプレイしていきます。
特に2段目をサーチなどで捨て札に送ってからのブレイブハートはシナジーが合いすぎでエクスでも禁止でいいんじゃない?レベルに思えます。

ただ、強い点以外に脆い面も結構あります。

・補給面が学園祭メイドや凧忍者への依存度が高い
・耐久が高いキャラ相手には1点焼きが無効化される
・アシッドクラウドやクラス占拠が厳しい(じょなさんは絶対に許さないよ)

特に自分が事前に調整していたときに厳しいと感じたのが補給でした。
リアライザーを出す3ターン目などが一番手札状況や場も含めて厳しく、1点焼きなどで相手の場を縮めながらなら、間に合うが相手の場に干渉できないとそのまま巻き返されることもありました。

実際の対戦では1戦目は相手のミス?から勝ちを拾った所、2戦目はドローでの補給が足りずキーカードがほぼ手に来なかった&自分の一部ミスがあった為の負け、3戦目は相手が耐久1のシールドなししか支配しなかったので必勝パターンに持ち込んでの勝ちでした。

リアライザー対策自体は色々できますが、どれもデッキを歪になりかねないことから対処しにくく、意識すると結構頭の片隅に残って面倒なデッキになっています。
リアライザーをここまで強く仕上げたのはハヴやんの切磋琢磨の結果だと言えますね。

以上がエクス解説になります。
次回はデススタの解説とB-NASでやるフィフストリームに関してあれこれを語っていきたいと思います。




ってことでエフマスさんありがとうございました!(普段褒められ慣れてない顔
まぁ確かにリアライザー回すときは学園祭メイドor凧忍者(か車掌さん)、またはその両方が“ある”前提だったなーと改めて思い直した次第です。
人にデッキ貸すと自分が意識してないところの意見もらえるから嬉しいっすね。
次に大会で回す機会いつだよって気もしますがせっかくもらった意見、今後の改造案に活かしていきたいところです。

ってなトコで〆。
デススタ編も連続UP。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。