スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の初投稿

あけおめです。(漂う今更感)
暖房器具Cことキサラギコタツです。
モバマスがアニメ出来がよくてなによりです。
個人的にはミカ姉くらいしか俺得キャラがいないのが残念だけど、
その辺は本家で頑張ります(だめなやつ)
そんなとりとめもない話はともかく、
そういえば年明けてから書いてないなーとか思ったんで書きました。
とりあえずいろいろ。

その1
群馬・四国での個人主催大会参加された方・主催者のかたお疲れ様でした。
群馬は行けたけど、四国は仕事の都合上断念したので次は是非行きたい気分。
前回行ったときのジンジャーハイがもう一度呑みたい。
あと群馬って電車で行っても遠いんだなーって思ったりとか。

その2
大阪びーなす。今のところは行けない理由はなさそうなので、
突然休日出勤させられたりしなければ行きます。

その3
愛知で大会。びーなす後にやろうかなー、とか。
ただ、年末にやってるのでwispさんあたりが
東京でやるならその後にやろうかな、と。
特殊大会とかの企画も色々考えてはいるので
確定したらまた宣伝します。

その4
SWとか金曜日のアレとか。ひまだったら来てください。
SWは一応隔週(?)水曜日だけど、
おもむろにやる予定のないとこの水曜日にやったりもします。
とはいえ人いないとできるもんもできんので、
気になる方は水曜日22時くらいにスカイプを覗いていただければと。
ちなみに最近ではグループ通話とかもあるんで、
カメラねーけど見るだけ見たいって方も大丈夫です。
参加方法とかはぶぅる先生とかの過去の記事とかにあります。

ホントはデッキ構築の色々とか書こうかと思ったけど、
需要あるかどうかわからん割に長くなりそうなんで割愛。
需要ありそうだったらそのうちまた書くかも?
それではまたそのうち。
スポンサーサイト

大人の階段のーぼるー♪

またひとつオッサンへの階段を上りました。
てふGです。

今回は諦めない気持ちについて語っていく所存。

さてさて、皆さんはゲームを途中で投げたことはあるだろうか。

因みに俺はたくさんありますww

ことアクエリにおいては、キャラクターが居なければ何もできない。
自分の盤面が更地で相手はメインが立ってる。
そんな状況は「ほぼ」ひっくり返る事がない。
9割方負けるでしょう。

そのタイミングで頭を過る「投了」の2文字。

ほぼ負ける。
それが解ってて続ける理由はない。

そう考えがちですが、
実際は最後までやる方が自分の為になります。

まず、大会に於いては得失点的に損をします。
一回投了したらその後全部勝っても上位に食い込むのは厳しくなるでしょう。

また、対戦相手を不快にさせてしまう場合もあります。
何せ、行きなり対戦をぶったぎられるんですから。
状況次第とはいえ、通信対戦系のゲームのいわゆる切断厨的な印象を持たれてしまう恐れがあります。


なので、建前上でも最後までやった方が良いですね。

そして、ここからが本題。

諦めたが故に勝てた対戦を捨てることもあります。

例で言うと、初手にキャラ無し。
先攻取っちゃったから引き直しもできない。
これ結構ゲーム投げたくなる場面ですよね。
ここで諦めずに頑張れば、勝てることもあります。
恐らく、大会上位陣と言われるような方々は少なからず経験があると思います。

終盤戦でも相手にメインが立ってて自分は散り散りのキャラ数体。
そんなときはとりあえず相手のデッキ枚数を数えてみましょう。
自分の方が多いなら、まだ希望を捨てるには早い。
頑張ればデッキアウトまで耐えられることもあります。


あと、直接ゲームに関わってくる訳じゃないけどプレイスキルの上達は負け試合の時にこそ得られます。
負け試合の方がシビアなカード運用を迫られますからね。
敗けの時に「負けだからいいや」で済ますのではなく、「負けるけどせめて一矢報いてやる」と思う気持ちが大切。

それこそが経験値として貯まっていくってもんです。

フリープレイとかで、「続けるより次やろうぜ」みたいなのはまぁいいと思うけど、
デッキを調整したり大会出たりしてるようなガチでやってる時は最後まで足掻いてみようぜってお話でした。


ホントに勝つ人はそういう経験から来るプレイングと勘で勝ってるんだと思います(他人事


最後に、、、
さっきも言ったけど、俺は投了するけどな!
以上で今週の記事はおしまい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。