スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新待ってたら追い抜かれた…

まぁ書き上がったのは金曜の朝方ですけどね。
こんばんは、八卦ロボになれない木のもふー屋さんだよ。

今回は「チャンピオンカーニバル2012」で使ったデッキの話をします。レポートはウェットな話になりそうなので違う方に。

まずはギャラクシースタイル

4 羅盤師
4 尼法師(赤は
4 壷振り …精神0が強いので)
2 道場主

4 ファーマシスト (青は
3 貴族令嬢 …(2)が強いので+殴らせ要員)
4 メイド天使(支配ドローは特殊なデッキならアリ)

3 PSI・エンジェル(「内助の功」と好相性+ビートダウン耐性付与)

3 布津巫女(このデッキだとドローの方が強い)

4 内助の功(デッキを安定回転させる。必須パーツ)
3 初夢(大味だが簡単になる)

4 カレイドスコープ(コンボパーツ)
4 山吹色のお菓子(コンボパーツ)
4 中臣祓詞(序盤を楽にするカウンター。このデッキは序盤に楽をしたい)
3 十字祓(カウンター)

総数53枚

いわゆるカレイド山吹ですね。デッキ全体でビートダウン耐性を持たせることを意識。「ソウルストーン」は魅力的でしたがなくてもパーツは揃えられたり、青3ファクターを貯めるのが面倒に感じたので外しました。
基本1ファクターで良くなったので青キャラは壁にするのを念頭にしてチョイス。
(2)が強力な抑止力になるドローキャラと、相手の(2)/1や3/1と相討ちを取れ、ディフェンシブ持ちの「メイド天使」で構成。
とくに「メイド天使」は存外役立つので一度試していただきたいです(このデッキを使う機会は多くないだろうけど…)。
出力アップと壁を兼ねる「PSI・エンジェル」も採用。攻撃力3がとくに便利。殴りかかることもあったり。
カウンターには序盤~中盤に効果を発揮する「中臣祓詞」を採用。相手の「内助の功」や「ソニックブレード」「幽体剥離」等に合わせて、行動制限を課すことも大切で、相手に動かれなければこちらがコンボ成立に近づけるのでこのチョイスは正しいかなと思ってます。
また、同系を意識して「十字祓」を3枚積みましたが、少し前は0枚+「初夢」1枚増(計51枚)で、「十字祓」2積みで試して直前で3枚に増やしました。
結果から言えば、圧縮比が下がってパーツ引けない感じ+同系殆どいなかったので失敗ですね。また、黒少ないかな(カレイドに黒だと勝率芳しくないから)と思って「メテオバースト」耐性を無視した構成にしたところを「メテオバースト」で(カウンター増やしたわりにカウンターできず)苦しんだりとかなかなか(笑)。
しばらく総量51枚で固定が安定かなと。

次にエクストリーム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。